FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (127)羞恥電車調教

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (127)羞恥電車調教

「おらっ、くらえっ」
静香の尻アナを犯しまくった変態矢生は裏スジにこみ上げを感じると、パンと肉と肉がぶつかる大きな音を立ててズル剥けチンポを根本までねじ込んだ。

「ひっ…、あ、ああっ」
あうっ…、んっ、あっ、ああっ…。
強烈な突き上げにノドをつきだしてのけぞった静香は、尻ナカにぶちまけられたザーメンで尻粘膜を犯される被虐快感に悩ましげな悲鳴を上げ、サラサラヘアをみだらに踊らせた。

「…、どうだ、よかっただろ、舐めろ」
尻アナにナカ出ししてご機嫌の真性変態矢生はゆっくり腰を引いてしぼみ始めた息子を引き抜くと、お口での後始末を命令した。

「…、はい、あ…、ん…」
…、おしりに…、はいってた…。
さっきまで自分の尻アナでさんざん暴れまくったソレに若干の拒絶を感じたが、どM従順奴隷の血をうずうずさせた淫乱美人妻は、ダランとしたサオを口に含んでクチュクチュした。

「う…、も、もう、いいぞ…」
ねっとりと絡みつく舌に早くももよおした変態だったが後の楽しみにとっておこうと出し惜しみし、股間にしがみつく欲情した女体を突き放した。

「あんっ…、はい…」
や、あんっ…、
徐々に元気を取り戻す息子にやる気を出していた淫乱若妻は紺ニーハイむっちり太ももを広げて尻もちをついた。
いやあん…、いじわる…。
M字開脚して濡れ濡れパイパン局部丸出しのはしたない姿をさらし、とびきりのオモチャを取り上げられた子供のように恨めしそうな目でうつむいていた。

「おらっ、立て、今度は電車でかわいがってやる」
せっかく見つけた極上のどM変態女をじっくりともてあそぶつもりの真性変態は、こんどは電車痴漢プレイでいたぶろうとたくらんだ。

「は、はい…」
電車で、エッチなこと…、されるの?…。
塀の切れ目から誰もいないことを注意深く確認した矢生が通路に出て行くので、どM従順奴隷は逃げることなど思いもよらずにいわれるまま素直についていった。

「ほら、オナニーしろ」
電車はすぐにきた。昼過ぎでラッシュ時間からはずれた電車に乗客の姿はほとんどなく、ドアのすぐ近くに立った矢生はニヤニヤしながら羞恥調教を命令した。

「え…、ここでですか?…」
オナニー、するの?…、でも、みられちゃう…。
命令されてオナニーすること自体はすでに羞恥心を感じなくなった淫乱奴隷だったが、さすがに赤の他人の目に触れる場所では抵抗があった。

「そうだ、早く、しろ」
口答えするどM奴隷に若干不機嫌に顔を曇らせた矢生は、耳たぶを引っ張って口を寄せると憎々しげな声で再度命令した。

「は、はい…」
い…、痛い…。
ソフトSMのさらに序の口な仕打ちだったが、体への直接的な責めを受けた淫乱奴隷は心持ち顔をしかめたが、ノーパンツルツルのオマタにいやらしい汁をにじませてオナニーを開始した。

淫乱妻静香調教 (128)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます

関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:46:22 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3757-cde6ac88
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next