FC2ブログ

== その他(ブログ) ==

閑話休題、静香は今日はお休みです

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

去年の12月4日から年末年始を除いて毎日アップしてきた『淫乱妻静香調教』ですが、今日はお休みです(厳密には1日だけさぼった日がありましたが、次の日に2話アップしました)。

昨日で120話ですから、ほぼ4ヶ月間『淫乱妻静香調教』を書いてきましたが、ろま中男の昔からの読者ならこれが実はすごいことだとお気づきだと思います。

PCで見ている方だけですが、左ソデのカテゴリには60ほど官能小説のタイトルが並んでいます。その2/3(3/4?)ぐらいはまだ書きかけです。

あるタイトルを書いている途中で別の話を書きたくなることが多く、中断されたタイトルは放置されることが多いからです。続きが読みたいと思ってくれる人には申し訳ないですが、作者は途中で投げ出してしまうようないいかげんな性格のようです。

それがどうして『淫乱妻静香調教』は4ヶ月もの間続いているか!?…、それはひとえにいい加減に気楽に書いているからでしょう。


話が途中で中断してしまう理由はいろいろありますが、書いているウチに主人公に対する思い入れが強くなってきて、性的虐待でひどい目に遭わせるのが辛くなる、ということがあります。

ろま中男作品は最初はエロエロで徐々にヒロインの感情を描くパターンが多いです。あくまでも想像ですが女の人のピュアな気持ちを描こうとして、これまで書いた内容との齟齬(すれ違い?)やヒロインの気持ちとの乖離が気になりだして書けなくなることが多いです。

中断する理由は、飽きてしまうとかネタが浮かばないなどいろいろありますが、その原因はだいたい上に書いた理由が根底にあるように思います。

そもそも『自作長編官能恋愛小説』などというサブタイトル?自体に矛盾を内在しています。「官能」と言ったらは「エロ」で、「恋愛」といったら「純愛」というありがちなイメージに縛られている気がします。


話も元に戻すと『淫乱妻静香調教』はヒロインに思い入れしないようにしています。

ろま中男作品のタイトルはヒロインの名前で終わるパターンが多いのですが、静香の後ろに「調教」を付けています。最初からヒロインをひどい目に遭わせるという気持ちがあったからです(といってもリアルな性虐作品を書く方には遠く及ばないと思いますが)。

静香はガキからジジイまでいろんな男に犯されてますが、そんな現実離れしたエロ優先な部分も、男女間の心の機微とかに拘泥せず、リアリティ軽視を最初から決めていたからです。

というか、男女の心の機微を描きたくても筆力不足でどうせ描ききれないので、最初から割り切っていたのが4ヶ月間続けられた勝因?かもしれません。


ろま中男劇場短編は初めから短い話と決めているので、ヒロインに思い入れする前に終わってます(それでも終わってない話もありますが…)。

淫乱妻静香調教』は、短編をズルズル書き続けているといっても間違いではないと思います。

自称「西川口の母」と別れるときに静香の感情に触れそうになりましたが、そこは端折ってあまり深く関わらないようにしました。


というわけで順調に?回を重ねている『淫乱妻静香調教』は、オチを付けられずダラダラと書き続けています。

静香を書いている間に新作をいくつか考えて40話分くらい書きためているので、話につまったらあるいはいつものパターンで中断するかもしれません。

しかし書きかけをこれ以上増やすのは読者の迷惑はもちろん作者の精神衛生上もよくないので、そうならないように明日(というかもう今日ですが)、静香を再開するつもりです。

そして静香の121話がアップされたら、本来の意味で「閑話休題」になるわけです。

【閑話休題】 文章で、余談をやめて、話を本題に戻すときに、接続詞的に用いる語(goo辞書より)


ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 02:52:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3749-906877a6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next