FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (114)あやか

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (114)あやか

「はあっ、あ、あっ、はっ、あやかっ」
はあっ、あ、あやかっ…、
どこかの邸宅で芝生の上に横たわる静香に生挿入して爆乳を揉みまくる中二病少年は、成熟した女体のトロけそうなあまりの気持ちよさに、またもや現実離れしたトリップに陥っていた。

「はあっ、きもち、いいかっ」
は、ああっ、おっぱい、はあっ、きもちいいっ…。
死んだフリをしているつもりでもだえる静香にあこがれの美少女同級生の顔を見たエロボケ中坊は、いつも妄想していたあやかとの生本番が今このとき実現したと思い込み、その名を口走った。

「んっ…」
あ、あんっ、あやか、って、はあっ、誰?…。
脱童貞したばかりの中坊が繰り出す勢い任せのデタラメな挿入を受けてもだえる淫乱若妻は、ピンク色のモヤがかかった頭で聞き慣れない名をぼんやり聞いていた。
「あ、ああっ、あんっ」
はあ、ああっ、もっと、してえっ…。
カクカクと前後運動を繰り返す少年の腰の動きに合わせて、いつのまにかM字に開脚した張りのある太ももがタプタプ揺れ、少年の手でブラから中途半端に引き出された爆乳が淫靡にゆがめられていた。

「はっ、あっ、ああっ、あやかあっ」
あ、ああっ、はあっ、チュー、ああっ、してやるっ…。
成熟した女体をまだ成長過程の同級生のカラダだと信じ込んで快楽に溺れるエロボケ少年は、昂ぶりまくったあげくに抱きつくと唇に吸い付いた。

「んっ、あ、はあっ」
あ、あんっ、チュー、された…、
エロボケ少年にとって高嶺の花の身代わりにされているなんて全く知らない静香は、ほぼ経験皆無な少年のぎこちないキスにも萌えた。
はあっ、気持ち、いいっ…。
膣ナカで暴れる脱童貞チンポをキュンキュン締め付け、エッチ汁でパイパンオマタをネチョネチョにしていた。

「んぐっ、ああっ、あやかあっ、ああっ」
あ、はっ、あやかだっ、あっ、はあっ…、
静香を恋いこがれた同級生扱いして幸せの絶頂な少年は、プルルングロスリップをツバでベチョベッチョにしてひとまず満足すると
「おっぱい、はあっ、おいしいよっ」
ああっ、はっ、乳首が、ああっ、はあっ…。
同級生女子には絶対にない巨大カップからはみ出した乳房に吸い付いた。ツンと立った乳頭を吸い込んで、爆乳にしては控えめな乳輪あたりをベロベロ舐め回した。

「んっ、ああっ、はあっ」
あ、はっ、ああ、い、いいっ、いいのっ、
脱童貞少年に乳房をねちっこく愛撫されて死んだフリなどすっかり忘れたように、甘えた吐息にまみれてもだえる淫乱若妻は、
はっ、おっぱい、ああっ、吸ってえっ…。
少年のカラダが下にズレて抜けそうになる半ムケチンポを追うように腰を浮かせ、くびれから太もものにかけて淫靡な起伏を見せる柔らかそうな肉を妖しくくねらせていた。

淫乱妻静香調教 (115)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:59:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3742-97d60f51
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next