FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (110)放尿変態大人女

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (110)放尿変態大人女

えっ…、誰?…。
地面に伏せた体勢で勢いよく接近してきた少年にさすがにお気楽な静香でも気づいたが、
へっ?…、おな、にー…、してるの?…。
少年がオナニーをはじめたことに気づくと驚きのあまり、オシッコの体勢のままフリーズしてしまった。

あっ、や…、出ちゃう…。
しかし一度感じた尿意まではフリーズせず、静香の意志と関係なくオッサンに剃毛されたオマタのスジから放尿が開始された。

「うっ?…」
お…、オシッコ?…。
ツルツルオマタからザーメンをタラタラ垂らしながらシャーと恥ずかしい音を立てる淫乱おねえさんの背中を見る、少年の妄想は最高潮に達していた。
「はあっはあっ」
野ションする、露出狂の…、ヤリまくり、変態大人女…。
ピンコ立ちした息子をコスるエロ中坊は、荒い吐息を響かせてツルツルしたお尻に徐々に顔を近づけていた。

やあんっ、はやく、止まってえ…、
少年の荒い息を背中に感じる静香は止まらない放尿に身もだえして羞恥にまみれていたが、
はあっ、だめえ…、ああっ、みないでえ…。
中坊の妄想通りの露出狂的興奮に下半身を熱くして、あらかたザーメンが出きったスジにいやらしい汁を滲ませていた。

「ぐっ…」
んっ、ああっ、はあっ、舐め、たい…。
太い樹の幹に寄りかかって自家発電にいそしむ少年だったが、徐々にカラダをずり落ちて息がかかるほどお尻に接近していた。

「…、ひっ」
やあん、はあっ、ああっ…、匂い、嗅がれてるうっ…、
スベスベつるんな尻肌にかかる荒い息にどMな被虐色情を刺激され、お尻のアナの匂いを嗅がれていると勘違いした淫乱若妻は、
あっ…、目が…。
こわごわ顔を横に向けた瞬間、それに気づいて視線を上げた少年と目があった。

うっ…、
エロ中坊のひとりよがりな妄想では、放尿淫乱美人にまったく気づかれずノゾキしながらオナニーを楽しんでいたのだが、潤んだ切れ長の目とバッチリ視線が合った瞬間、
み、見られた…、
ノゾキ少年は顔をしっかり目撃されて痴漢犯人として逮捕されるという悲劇妄想に襲われた。

や、やばい…。
フリーズした少年は、よこしまな欲情で熱くなった血が全身から引いていくスーという音がした気がして、息子をコスる手も止まった。

や…、スゴイ目で、見てるうっ…、
目と目があって中坊は激しく動揺したが、どM従順奴隷の静香もそれ以上にうろたえた。

ど、どうしたら?…、あ、死んだフリ?…。
見た目はすました顔でオシッコのカッコウでしゃがむ大人の女性だったが、内心混乱しまくってまともな思考力が皆無の静香は、
そうよ、死んだフリしよっ…。
パイパンオマタからひりだしたオシッコやザーメンをよけるようにその場で女座りに崩れ落ちると、綺麗に手入れされた芝生の上に紺ブレザーに包まれた成熟した女体を横たえていた。。

淫乱妻静香調教 (111)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:33:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3738-589aad4c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next