FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (107)攻守自在

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (107)攻守自在

「んっ、やっ、あ、あふっ」
やあんっ、もっと、してえっ…。
ナマ本番を中途半端な状態で中断されて不満紛々な静香は、後ろ手緊縛の不自由なカラダを妖しく揺すって棒立ちする中年鍵屋のムダ毛太ももをずり上がると、ダランとした玉袋を妖しいスキマを見せる唇に吸いこんだ。

「あふっ、はあっ、はあっはあっ」
イジられた経験がほとんどない部位へのご奉仕に思わずのけ反ったオッサンだったが、まだ荒い息が納まらずに汗まみれのたるんだカラダを緊張させて股間だけ突き出していた。

「んっ、ちゅっ、ちゅるうっ、ちゅうっ」
ああんっ、やだあっ、もっとしてえっ…。
最初にビクッとしただけであとは弁慶の仁王立ちのように身じろぎせずに吐息だけ弾ませるオッサンに、淫乱若妻は唾液が弾ける淫靡な音を立てて縮れ毛まみれのシワ袋をしゃぶり続けた。

「くううっ…、おらあっ、こうだっ」
しばしの休憩でなんとか体力を回復したオッサンは、淫らなご奉仕を懸命を続ける肉感的な女体を抱え上げると、ソファに押し倒してのしかかる。

「あんっ、あっ、ああっ、いいっ」
きゃんっ…、あっ、ああっ、おちんちん…、
乱暴に投げ出されたどM従順奴隷はうれしそうに頬を緩めるとちゃっかりM字開脚した。トロトロに濡れた肉の切れ目に食い込んだ肉棒をしっかり咥え込み、
はあっ、ああっ、気持ち、いいっ…。
妖しく腰を振って膣奥まで誘い込むとキュッキュッとヒダヒダ膣壁で締め付けた。

「んっ、お、おらあっ」
駅弁スタイルを年甲斐もなくがんばりすぎたせいで、過呼吸まがいの荒い息で死にそうな目にあったオッサンはさすがに懲りたようで、今度は楽な体勢でスタミナを温存してナマ挿入を開始した。

「んっ、あっ、はあっ、ああっ」
ああっ、あんっ、もっとおっ…、ああっ、いいっ…。
しかし体力の有り余った淫乱若妻はぬるい挿入に満足できず、後ろ手緊縛の体勢で腰をくねらせ、膣壁をこする勃起チンポを貪欲に味わっていた。

「んっ、こ、このおっ」
肉感的な女体に攻められて押され気味のオッサンは、癇癪を起こしたように爆乳の先でプルプル震える勃起乳首をひねり上げた。

「ひっ、あっ…、ああっ、はあっ」
ひいっ、い、痛い…、ああっ、お漏らし、しちゃったあ…。
いきなり胸のいちばん感じる部分をイジワルに愛撫されたどM淫乱若妻は、妖しいテカリで淫靡な曲線を見せる女体を緊張させてオシッコをピュッと漏らし、オッサンの股間を濡らした。

「も、漏らしたな…、お、お仕置きだっ」
根本のモジャモジャを濡らす温かさに敏感に反応したオッサンは、狂気を帯びた目で美爆乳を睨みつけると、めいっぱい口に含んで押し返してくる弾力を楽しむようにカミカミした。

「あっ、ひっ、ひゃあっ、らめえっ」
ひっ…、あふあっ、お、おっぱい…、
乳房を吸いこんでモグモグするオッサンを潤んだ半目で見つめる淫乱若妻は、片乳房の痛かゆい愛撫に生チンポを咥え混んだか半身をゾクゾクさせ、
ひいいっ、ひゃあっ…、食べられ、ひゃううっ…。
M字に開いたニーハイの太ももをピクピク痙攣させ、伸ばしたつま先で何かを掴もうとするかのように足指をこわばらせていた。

淫乱妻静香調教 (108)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


最安値更新、鉄姫結構脱ぎます(笑、ただし着せるときは注意が必要です)。

4/16発売予定の8号は日露戦争の旗艦三笠です。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:25:30 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3735-ef0504fe
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next