FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (106)駅弁立ちマン○

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (106)駅弁立ちマン○

「そんなに挿入れて、欲しいか…」
挿入れたくて必死に腰を振る静香に、どエロ妄想に狂ってサディスティックな笑いを浮かべる中年鍵屋は
「おらっ」
抱き心地のいい腰を引き寄せるとツルツルに剃り上げたドテに股間を押しつけ、斜め下からナマ挿入した。

「あっ…、はっ、はあっ…」
ああっ…、はあっ…、おちんちん、うれしいっ…。
腰を引かれて後ろ手に縛られた上半身をのけ反らせた静香はブルンと美爆乳をゆらしたが、その勢いでオマタを強く押しつけてオッサンチンポを深く受け入れた。

「はうっ…、くっ、このっ」
肉感的な女体全体の重さをかけるようにキツク締め付けてくるマン圧にうなったオッサンは、双臀を握りつぶすように掴んで腰のグラインドをはじめた。

「はっ、あっ、あっ、ああっ」
んっ、あっ、ああっ…、
両手の自由を奪われた不安定な姿でズンズン突きあげを食らう淫乱若妻は、かかとを浮き気味にした両足で何とかバランスを取りながら、
ひっ、あひっ、ああっ、あたるっ…。
肉欲にのめりこむオッサンに激しく陵辱されるどMな悦びに、肉棒がズコズコ出入りする濡れたピンクの唇からイヤらしい汁を垂れ流していた。

「こ、このっ、ど、どうだっ」
腰を支点にして上半身をくねらせる緊縛人妻の胸で大げさな乳房がタプタプ揺れる。激情をあらわにして乱暴な声でわめくオッサンは、欲情した女体を引き寄せるとお尻を持ち上げて抱え上げた。

「あんっ、ああっ、はあっ」
あんっ、ぐっ…、ひっ、あっ、おち、ちゃうっ…。
床を踏みしめていた唯一の支えを失った静香は、肉棒の突き刺さったオマタで全体重を支える形になって苦しそうにのけ反ったが、なんとかオッサンの腰に両脚を絡めて自分を支えた。

「くっ…、おらっ、おらああっ」
一方のオッサンも肉感的な女体を息子で支える形になって海綿体折損の恐怖に襲われたが、もだえる女体を引き寄せて爆乳を胸板で押しつぶしてなんとか駅弁スタイルを続けた。

「はあっ、ああっ、い、ああっ、や、ああっ」
んっ、あっ、だ、だめえっ…、
突きあげを食らうたびにずり落ちそうになるカラダを何とか両脚で支えるどM従順奴隷は、後ろ手に緊縛された腕に力を入れながら、
お、おちちゃうっ、あっ、はっ、あんっ、はっ…。
オッサンの肩にアゴをひっかけて懸命にしがみつき、乳頭が恥ずかしいほど突き出た爆乳をすりつけていた。

「ふ、ふんっ、ふっ、ふうっ…」
耳元で淫乱人妻の苦しそうな吐息を聞く変態鍵屋も死にそうな吐息にまみれていた。静香は決してデブではないが、成人女性ひとりを抱えて腰を振る全身運動は運動不足の中年には拷問に近く、全身から汗をダラダラ垂れ流した。

「やあっ、きゃんっ…、は、ああっ…」
えっ、やっ…、くうう…、いっ、いたあい…、
両脚とアゴで何とかしがみついていたが滝のような汗で脚が滑ると、ポールダンサーが滑り落ちるように静香のお尻は床に激突した。
あ…、やんっ…、
両手は縛られたままなのでオッサンのムダ毛太ももに頭を押しつけてお尻の痛みに耐える静香だったが、ふと顔を上げると過呼吸ぎみに大きく肩を揺らして棒立ちする鍵屋の呆然とした顔を見て、
やだあっ、もっと、してえ…。
中途半端な状態のまま終わりにされそうで、またも無意識に頬を不満げに膨らませていた。

淫乱妻静香調教 (107)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


ほぼ最安値です(Amazonの価格は毎日変動します)。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:35:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3734-727e3eb1
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next