FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (89)プレコグニションとテレパス

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (89)プレコグニションとテレパス

「さあ、おりるわよ」
電車が次の駅に到着すると、巨大美人は自意識過剰にひとりで欲情する静香に降車するように促した。

「はい…」
ああん…、また、これで…、
普通の女性より二回り以上大きいが艶めかしい女体の線をはっきり見せるセクシードレスをぶちこわしにする、異常に盛り上がった股間をチラ見した淫乱若妻は
いやあん、今度こそ…、壊れちゃうよお…。
また極太男性器でアソコが壊れるほど陵辱される妄想に怯えたが、どMな予感にうずく下半身はは媚肉の合わせ目からおびただしい汁気を溢れさせた。

「んふふ…」
巨大美人はひとりよがりする淫乱若妻にイヤらしい笑いを浮かべて改札に向かった。

あれ…、行かないの?…。
しかし珍獣巨大美人は改札前にあったトイレを素通りして駅を出た。なんだか拍子抜けした静香は上目遣いにセクシードレスを張りつめる艶めかしい曲線を見上げていた。

「なあに?…、エッチなこと考えた?…」
静香がみせるとまどいを見逃さない自称西川口の母は、ムダにゴージャスな雰囲気を振りまいて駅前商店街を闊歩しながら、極赤リップをゆがめてニンマリ笑った。

「えっ、な、なんのことでしょうか?…」
やっ、お見通し?…、やっぱり本物の、占い師さん?…
エッチ汁がニーハイのナマ太ももまで垂れたヌルヌルのノーパンオマタが歩きにくそうな淫乱若妻は、図星を指されると不自然な丁寧口調でモジモジして右上に視線を向けた。

「ふふっ、こっちでいいのね?」
駆け引きなんてハナから出来ないどM従順奴隷に慈愛の籠もった視線を向けたドラッグクイーンは、チョット意地悪な響きが混じった口調で聞いた。

「へ?…」
こっちって…、どっち?…。
いきなり聞かれてなんことだかさっぱりのお気楽主婦は、素の表情で巨大美人を見上げる。
「アンタのロクデナシの家よ」
子供のような大きな瞳に見つめられた自称西川口の母は、当初の目的をあらためて口にした。

「へ?…、あっ」
ろくでなし、って?…、あ…、
エッチなことで頭がいっぱいだった淫乱お気楽主婦は、今自分が歩いているのが昨日たどった道であり、
「は、はい…」
そういえば…。
巨大美人が気まぐれで降りると言い出したと思っていた駅が、当初の目的駅だったのだと気づいた。

やっぱり、本物の占い師さん…。
そしてプレコグニション(予知能力)めいた的確な指摘に、静香は自称西川口の母を完全に信用していた。

「ふふっ、やっとわかったの…、アンタ、ホントにおバカさんだわ」
今度はテレパスっぽい言い方をした目鼻立ちのくっきりした巨大美人は、サラサラセミロングヘアにばかでかい手のひらを当ててクシャクシャになでつけた。

「あ、あのっ、は、はいっ」
はわあっ…、ホントにスゴイ人、だったんだ…。
常人離れしたバケモノのようなカラダだけでなく超能力まで持つドラッグクイーンを、静香は尊敬のまなざしで見上げていた。

淫乱妻静香調教 (90)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


最安値更新した商品です。

一式陸攻 一一型 1/120の予定です。
以下商品説明
一式陸上攻撃機(いっしきりくじょうこうげきき)は第二次世界大戦中の大日本帝国海軍の陸上攻撃機である。「一式陸攻(いっしきりくこう、-りっこう)」の短縮形でも呼ばれる事も有る。
前作の九六式陸上攻撃機同様、三菱内燃機株式会社の設計・製造であったが、後継とされた陸上爆撃機「銀河」の戦力化が遅れた為、終戦まで主力攻撃機として使用された。連合国側のコードネームは「Betty」(ベティー)。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:03:04 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3717-46870af0
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next