FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (84)西川口の母

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (84)西川口の母

「で、アンタのロクデナシは誰?」
静香の強制膣洗浄を終えたドラッグクイーンは、ボリュームのある胸を誇示するように腕を組んで見下ろしていた。

「へっ…、ピーナッツですか?」
え?…、また、あれやるの?…、
ウォシュレットの水流責めから開放されて一息ついたどM従順奴隷は、立ちはだかる壁のような巨大美人をまぶしそうに見上げ、
やあん、恥ずかしい…。
極太肉棒責めのとき言われたその理解不明な単語ともに、鼻に詰められたおマメを思いだしてなぜかはにかみ、リセエンヌっぽいチェックミニを握ってモジモジしていた。

「やあね、あれは単なるシャレよ、シャレ、知らない?、梅垣○明?」
淫乱お気楽主婦のおとぼけを豪快に笑い飛ばした巨大美人は、尊敬する先輩ドラッグクイーンの名を上げ、あれが単なるショウアップの小ネタだと説明した。

「は、はあ…」
うめ、がき?…、だれ?…、お友達?…。
梅○義明どころか越路吹雪も知らない静香は、梅垣が『ろくでなし』を歌いながら鼻からピーナッツを飛ばすという下品なオカマ芸なんて知るわけもなく、ニンマリ笑う目鼻立ちのくっきりした巨大美人を理解不能に見上げていた。

「アタシ、こんなだけど、西川口の母って呼ばれてて、占い師してるのよ」
そんな静香の疑問に関わる気など全くない自称西川口の母は、まだ腰までまくり上げていたドレスをようやく下げてダランとした超巨大チンポをしまうと、しごく簡単な自己紹介をした。きらびやかというかケバイセクシードレスは占い師の衣装だった。

「はあ?…」
占い師さん、ですか…。
普段着とはとても思えないドレスだとは思ったが、その中身の人物すべてが規格はずれで特に違和感の無かった静香は、まだ理解不能な思案顔で相づちを打った。

「アンタ、悪い男に取り憑かれてる相が出てるわ」
またも静香の不得要領をそのままにしたドラッグクイーンはようやく本題に入って、くっきりした目鼻立ちの迫力顔で不安そうな静香に迫った。

「イイ想いさせてもらったし」
イイ想いというのは有り体に言えば強姦犯罪のことだが、その辺の普通の感覚は西川口で占い師をやっているオカマにはないようで、
「私がそいつを追い払ってやるわ」
毒々しい濃紅リップをニンマリゆがめた巨大迫力美人は、ようするにお礼をしてあげると静香に提案した。

「…、悪い男?…、ですか?…」
ええっ…、やあん?…、でも、そんな人?…、誰だろう?…
昨日からその手の男たちに散々弄ばれて陵辱されてきたが、お気楽どM従順奴隷はそいつらが悪い男という意識が全くなく、返答に困っていた。

「アンタ、今からそいつの所にイクでしょう…、ダメよ、あんなの関わっちゃ」
おとぼけ淫乱主婦が応えにつまっていると、自称西川口の母は占い師というより超能力者の予言めいた物言いをして、静香がこれから志垣のマンションに行こうとしていることを言い当てた。

淫乱妻静香調教 (85)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます



関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:26:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3712-9665ff20
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next