FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (80)超巨大イチモツ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (80)超巨大イチモツ

「んふふっ…、あら、もうこんなに…、おねだり?…」
そびえ立つ巨大美人にあっけにとられた静香は無抵抗にお尻をまさぐられていたが、節くれ立った指はその奥に入り込むと潤沢なぬめり気を絡めて濡れた媚肉を嬲り始めた。

「あ、え、あのおっ?…、え?…」
や、ああっ、そこ、はあ、恥ずかしい…、
指マンから逃げることも出来ずにリセエンヌっぽい衣装をまとった肉感的な女体を切なげに揺らし、恥ずかしそうにうつむいた静香の目線の先に
へ?…、おっきい?…。
セクシーダイナマイツな艶めかしいラインをはっきり見せるドレスの股間がこんもりふくれあがっていた。

「んふっ、かわいい…、食べちゃいたい」
股間の状態を気づかれた巨大美人はニンマリ笑うとセクシードレスのスソを腰の上までまくり上げ、超特大のイチモツを淫乱人妻の目の前にさらした。

「えっ、あ、あのっ」
ええっ、男の人?!…、
綺麗なスベスベした太ももの付け根から、自分の二の腕より太いソレが熱気をはらんで怒張してそそり立っていた。
こんな…、すごい…。
イチモツ自慢の外人もビックリの超特大肉棒を初めて見た静香は動揺した声を漏らしたが、下の口はエッチな汁を漏らして肉の合わせ目をヌルヌルにしていた。

「もう、がまんできないわ」
濃いメイクで目鼻立ちが異常にはっきりしたドラッグクイーンは、淫乱若妻が発散する濃厚フェロモンを嗅いでフンと鼻息を鳴らすと、
「いいでしょ?」
ブレザー姿の肉感的な女体を軽々と抱え上げて串刺し体勢に入った。

「ええっ…、あ、あんっ」
きゃんっ、なに、ああっ、こわいっ…、
静香はいきなり持ち上げられておもわず迫力美人のクビにしがみついた。
やっ、あ、ああっ…、挿入ってくるうっ…。
自分のより大きな乳房を押しつけられたドラッグクイーンは、鼻の穴をおっぴろげてまたも鼻息を鳴らすと、何も履いてない大きく広げたオマタに巨大肉棒の先端を食い込ませた。

「んっ、あ、あんっ、いいわあっ」
持ち上げた静香をM字開脚で抱えたドラッグクイーンは鼻にかかった裏声でうれしそうにわめき、徐々に静香のカラダを下げて特大チンポを濡れた亀裂に埋めていった。

「ひんっ、だ、だめえっ、は、はいらないっ」
いっ、こ、壊れちゃうっ…、
規格外のカリで柔らかい媚肉をめいっぱい広げられ、会陰が引き裂けそうな苦痛に襲われてのけぞった静香は、青スジが浮かんだ首に抱きついて泣きそうな声を上げたが
やっ、だっ、ああっ、だめえっ…。
どM従順奴隷の倒錯異常性欲の血は何とかソレを受け入れようと、ギリギリまで広げられた媚肉のスキマから大量の愛液を分泌し、特大カリにイヤらしいヌルヌルにまぶしていた。

淫乱妻静香調教 (81)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:40:59 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3708-cce30f7a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next