FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (77)どS陵辱

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (77)どS陵辱

「きたねえなあ…、まあしょうがねえか…、おっ、んっ、うっ…」
苦しそうにえづいて震える紺ブレザーの背中を見下ろした手嶋は、憐憫や同情を催すことなく後背位からナマチンポ挿入を続けた。

「う、えっ、ええっ」
ひっ、ひゃらっ、あひっ、ひいっ…、
パンパンと肉がぶつかり合う音がして、紺ミニスカがまくり上げられたキレイな丸いお尻がズンズン突き上げられる。
「や、ああっ」
や、やらあっ、あっ、やめれえっ…。
キツイ一発であふれ出て膣内に小便はあまり残ってなかったが、それでも残った小便と混ざったザーメンが、勃起チンポが出入りするたびに媚肉のスキマからしぶきになってかき出される。

「んっ、あっ、やらっ、あひ、ひいっ」
ああっ、や、はあっ、やらあっ、ああっ、はあっ…。
積まれた建材を覆ったブルーシートにゲロをばらまいた静香は、容赦なく続けられる陵辱にもだえ、ゲロの残滓を付けた唇をパクパクさせて熟れた女体を淫らによがらせた。

「くっ、おらっ、うぐっ…」
苦しそうにもだえる女体に湿った吐息を響かせて加虐色情を熱くしたノゾキ強姦魔は、いきなりお尻をスパンキングしてビシッと厳しい音をたてた。
「いっ、ひゃらあっ」
ひいっ、いっ、あひいっ…。
欲情で火照った女体がどSな仕打ちにビクンと緊張して膣がキツキツに締め付ける。
「いいぞっ、もっと締めろっ」
ナマ勃起チンポを締め付ける膣粘膜の気持ちよさにご機嫌な声を漏らした手嶋は、乗馬でムチを入れるようにもう一度お尻をビンタした。

「ひっ、いいっ…、ひりゃいっ、いぐううっ…」
ひいっ、いひゃい、あひっ、れふう…、
お尻をキツク折檻されるたびに背筋を反らせてのけぞる静香は、辛そうに細めた目尻からポロポロ涙をこぼしたが、
あひゃあ…、ひゃらあ…。
従順奴隷気質のどM淫乱妻は、そんな痛みも悦びに感じて唇のハシからヨダレを垂らしたみだらなアヘ顔をさらしていた。

「この、ど変態がっ」
ビンタするたびに締め付けてくる名器にご機嫌の手嶋は、ジャマな紺ブレザーをまくり上げるとシャツをはだけさせ、ブラがはずれた美爆乳をイジリ出す。

「あひっ、ひっ、ひゃらっ、あひっ」
ああっ、ら、らめっ…、そこ、あひっ、らめなのお…。
勃起した乳首ごと乱暴に乳房を揉み砕かれた静香は、だらしない笑いを浮かべたみっともないアヘ顔に、ノゾキ男の邪な欲望の慰み者になる悦びをさらしていた。

「くっ…、こ、このっ、おっ、おおっ」
手嶋はどMな悦びに締まる膣にキツさに小さく呻いた。そしてなんだか悔しそうにわめくと苦しそうにもだえる女体に抱きつき、いい匂いのするセミロングヘアに顔を埋めて、乳房を揉み潰しながら腰をガンガン振りまくった。

「あひ、ひゃらっ、ふひゃあっ、あひいっ…」
ら、らめっ、あ、ひっ、ひゃらっ…。
おぞましい膣内放尿にゲロしたことなどすっかり忘れたようにどMな被虐色情に溺れた淫乱妻は、舌足らずなあえぎ声を上げ、ズコズコ挿入される腰を妖しくくねらせていた。

「うっ…」
キツキツマ○コの気持ちよさに勃起息子はあっさり降参した。手嶋は尿道に熱いこみ上げを感じると、
「こ、このおっ…、くらえっ」
ビタンッをオマタの肉がぶつかりあう大きな音を立てて股間を突き上げ、濡れた花びらの中心に思いっきり息子をねじ込むと、子宮口に食い込んだカリの鈴口からナマザーメンをたっぷり注入した。

淫乱妻静香調教 (78)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます




最安値更新です。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:15:14 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3705-c7720a7d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next