FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (76)公衆肉便器

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (76)公衆肉便器

「次は、オレだ…」
M字におっぴろげたオマタの中心からザーメンを垂らす静香が囲いのブルーシートをうつろに眺めていると、それをめくって入ってくる男がいた。

男は手嶋野利夫。満員電車で痴漢される静香を目撃してから、ブルーシートで囲まれた工事現場に連れ込まれて強姦される一部始終をのぞき見ていた。

湿った吐息を押し殺しながら、鉄の棒からぶら下がった肉感的な女体が陵辱されるのをのぞき見し、いきり立った肉棒を自分も叩き込む妄想に取り憑かれてサディステックな興奮を昂ぶらせていた。

逃げ去る痴漢酒井にとっさに身を隠したが、今度は自分の番とささやく狂気を帯びた妄想に後押しされ、どMな被虐色情にまみれてうかつな姿で横たわる静香に忍び寄った。

「あっ、やっ、ああっ」
だれ?…、あ、やあんっ…、
手嶋は素早く下半身裸になると、静香に襲いかかって乱暴に背中を向けさせると後背位から挿入した。
あっ、ああっ、はいって、ああっ、くるうっ…。
ビンビンの息子は豊かな双臀のワレメ奥に突き刺さり、ザーメンにまみれた花びらの中心に易々と侵入した。

「くっ、たまんねえなっ」
いきなりナマ挿入したノゾキ男はキツク締め付けてくる上等の女性器に笑い混じりのうれしそうな声を漏らしたが
「あ…、ションベンしてえ…」
電車の中からガマンしていた尿意を突然思い出し、気の抜けた声を漏らした。

「まあ、いいか…」
痴漢に強姦されてうれしそうにもだえる淫乱女を公衆便所扱いするノゾキ強姦魔は、どSな昂ぶりに不気味な笑みを浮かべると膣内放尿した。

「へっ?…、やっ、やあっ…」
な、なにっ?…、あひいっ…、
ザーメンまみれの膣に放出された大量の小便が柔らかい下腹をポッコリ膨らませ、すぐに媚肉のスキマからザーメンといっしょにあふれ出る。

「ひいいっ、ひゃらあっ」
ひ、ひゃらあっ、ひや、ひゃめれえっ…。
膣を温かく満たす液体がオシッコだとわかった静香はおぞましさに身震いしたが、どM従順奴隷の血はこの極悪な仕打ちさえ悦びに感じ、媚肉のスキマから溢れるザーメン混じりのオシッコに愛液をブレンドしていた。

「はああっ…、おらっ」
放尿後の心地いい開放感にため息を漏らして弛緩した笑いを浮かべた手嶋は、艶めかしい腰肉を両手でガッシリ掴むと思いっきり股間を叩きつけた。

「ひぎゃっ」
ぎゃああっ…、
ブジュッバンッと大量のしぶきが飛び散る音と肉がぶつかる音がして、肉棒をくわえ込んだ媚肉のスキマから噴出した小便混じり愛液混じりのザーメンが、二人の股間にネッチョリベッタリと塗りつけられた。

「うっ、うええっ…、えろえろ…」
げえっ…、
小便器扱いされた惨めさと生理的嫌悪で絶望的なうめき声を上げた淫乱若妻は、ただれた快感に火照った肉感的な女体を震わせて背中を反らしてしなると同時に、
びゃらあっ…。
半目に閉じた目尻とゆがんだ唇のハシから体液を垂れ流すアヘ顔をゆがめると、苦しそうにえづいて胃の内容物を嘔吐した。

淫乱妻静香調教 (77)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます



予約品です。現在他店と比べても最安あたりです(予約後にキャンセルできるのはAmazonだけです)。





一番下をのぞいてすべて最安値更新でお買い得です(次回値上げが濃厚です)。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:49:38 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3704-cb9ba7e4
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next