FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (75)痴漢強姦ナマナカ出し

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (75)痴漢強姦ナマナカ出し

「あ、はあっ、ああっ、突いてえっ」
んっ…、あっ、はっ、あ…、当たるっ…、はあっ、いいっ…。
ホームの片隅で工事現場の天井にある鉄の棒に両手を伸ばしてぶら下がった静香は、変形駅弁ファックで下から肉棒で突き上げられ、膣奥をコンコンされるただれた快感にはしたないセリフを口走っていた。

「んっ、がっ、この、おっ、変態女がっ」
腰を激しく振って鉄棒にぶら下がった女体に邪な欲望を叩きつける痴漢強姦魔酒井は、ハアハアと興奮した吐息を響かせて節くれ立った指でゆがめたむき出しのナマ尻を抱え、愛液まみれのビンビン勃起チンポをガシガシ挿入した。

「はっ、んっ、あっ、ああっ、いいっ」
ああっ、おちんちんっ、いいっっ…、
紺ニーハイのムッチリ太ももで酒井の腰にしがみつき、ピンク色のキレイな菊門を刻んだ尻アナ丸出しの淫乱美人妻は、
あひっ、いっ、ああっ、気持ち、いいっ…。
ズコズコと出入りする肉棒でめくれたヒダヒダから愛液を飛び散らせ、のけぞったアヘ顔の唇のハシからヨダレを垂らし、はだけた美爆乳をブルブル揺らす。

「んっ、おっ…、こ、このっ」
自ら腰を振って膣壁をこする肉棒を味わう静香の、膣にキュンキュン締め付けられる気持ちよさにこもったうなり声をあげた変態痴漢男は、裏スジにこみ上げる熱さに尻タブに力を込めて股間を突き出し、お尻を抱えた手を緩めて自然に降りてくる女陰に勃起チンポを奥までねじ込んだ。

「んっ…、あ、ああっ、いひいいっ」
んぐっ…、食い込んで、るうっ…、
膣口に食い込んだカリがビクビク震えてザーメンを放出した。ナマナカ出しで白濁液を子宮にぶちまけられて淫乱美人妻は絶頂に突き上げられた。

「あっ、ああっ…」
ひあっ…、あっ、熱い、いっ、いっぱいいっ…、
従順奴隷のサガで鉄の棒に手を伸ばして懸命にぶら下がった肉感的な女体は、見ず知らずの男に陵辱されるどMな被虐色情にまみれ、
あ、はっ、はあっ…。
思いっきりのけぞったアヘ顔の細めた目や淫靡に震える唇のハシから体液を垂れ流した。

「んっ、こ、この…、やって、やった…」
ドクドク脈動する肉棒を膣壁で締め付けられるキツイ快感に顔をしかめた痴漢強姦魔は、新鮮な熟れた女体に種付けしたオスとしての満足感に唇のハシをゆがめ、ハアハアと荒い息にまみれながら不気味な笑みを浮かべていた。

「あ…、んっ、はっ、ああっ」
はあっ、あ、ああっ…。
静香はザーメンをたっぷり注入された絶頂からゆっくりと下降線を描く快感の余韻を楽しむように、鉄棒から手を離して酒井に抱きつき、耳元に甘ったるい妖しい吐息を響かせていた。

「おらっ、じゃあなっ」
やっちまったあとは知ったこっちゃないと言わんばかりに建材が積まれた山に静香を放り出した酒井は、ぬめり気の滴る息子の始末もしないで社会の窓に納めると、周りを囲ったブルーシートをめくってどこかに逃げていった。

「あ…、あん…」
あ、行っちゃった…、はあ、やん…、いっぱい、出てくる…。
ブルーシートがかかった山に紺ニーハイ太ももをはしたなく広げて座った静香は、わずかにスキマを見せる媚肉のスキマからドロリと白濁液を垂らし、うつろな目でさっていく痴漢男の背中を見ていた。

淫乱妻静香調教 (76)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


いちばん上以外は最安値を更新してお買い得です。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:58:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3703-b9f41fe6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next