FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (72)痴漢にカラダが悦ぶ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (72)痴漢にカラダが悦ぶ

「んっ…」
はうっ…、やあっ、こ、声、出ちゃう…、
満員電車で押しつぶされそうな静香は、背中にへばりつく痴漢酒井の指のマタで硬くなった乳首をグリグリされて、危なくあえぎ声を漏らしそうになり懸命に口をつぐんだが、
ああ、だ、だめえ、は、ああっ…。
二本指がイヤらしく行き来するスジは愛液がヒタヒタでパンティから溢れた汁が、ニーハイの絶対領域に垂れていた。

そんなにうれしいか、この変態女が…。
指がふやけそうな大量の愛液にどSな加虐色情を熱くする痴漢リーマンは、膣口に指をくいこませるとゆっくり挿入した。

おらっ、感じやがれっ…。
指マンにセミロングの頭が軽くのけぞり小さな肩が揺れた。潤沢な潤滑油であっさり侵入を許した膣口がキツク締め付つけてくる。ただれた快感に耐える静香の様子が楽しくてしょうがない酒井は、膣のヒダヒダを指の腹に感じながら刺激を続けた。

「ん、う…、んっ…」
や、あ、ああっ、だ、だめえっ…、
前後左右から圧迫される苦しさにどMな倒錯色情を熱くし、汗が滲んで上気した頬をピンク色に染めた淫乱妻は、膣粘膜に攻められるのと同時に大陰唇小淫唇を一緒くたにクチュクチュ嬲られていた。
あっ、はあっ、声、で、ああっ、出ちゃううっ…。
静香は肩幅に足を開いた体勢のまま、肉感的な女体を切なげに震わせ、懸命に口を結んであえぎ声が漏れるのをガマンしていた。

こっちも、良くしろよ…、
乳房遊びをいったんやめた酒井は勃起した息子を社会の窓から突き出すと、菊門にカウパー汁をぬりつけて上にそり上げると
「んっ…」
おうっ…、くああ、ええど…。
尾てい骨の固さに先っちょを押しつけて小さくうなると、サオを尻タブに食い込ませてゆっくり上下させた。

「くっ…」
あ、んっ…、だ、ああっ、お、ちんちんが…。
尻タブの間に差し込まれたチンポにどM従順気質を熱くする淫乱人妻は、ゆっくり上下するソレに合わせるように無意識に腰をくねらせていた。

ほわう…、ええぞ、んっ、ああっ…。
妖しくくねる腰の動きでサオを刺激される気持ちよさにご機嫌の痴漢リーマンは、ブレザーの下に忍び込ませた手をシャツに入れると再び爆乳を弄ぶ。

「あ、んっ…」
はっ、あっ、こ、声が…、だ、だめえ…、
こわばった10本の指で敏感にとがった突起ごと胸をもみくちゃにされ、静香は汁気が滲んだ唇を懸命に結んでいたが切なげな吐息が漏れてくる。
はあ、あっ、ああっ…。
痴漢されてただれた悦びにもだえるどM淫乱妻は、イヤらしい手から解放された肉の亀裂からダラダラ愛液をあふれさせ、絶対領域どころか紺ニーハイまで垂らしていた。

淫乱妻静香調教 (73)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:02:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3700-b552e43c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next