FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (71)やりたい放題痴漢

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (71)やりたい放題痴漢

や…、ああ…、苦しい…、
混雑した電車に無理矢理押し込まれた静香は息苦しさに表情を曇らせたが、どM淫乱な本性はそんな苦しさも悦びに感じてTバックパンティを湿らせた。
はあ…、お尻が…、やあ…、はああ…。
同時にチェックミニがまくり上げられたTバックのナマ尻をイヤらしい手つきでまさぐられる刺激で、アソコの裂け目からイヤらしい汁を垂らしていた。

はあっ…、もう、濡らしてやがる…、コイツ、痴女か…。
公然痴漢でお尻を触っても騒がないアンパイだと確認済みの痴漢リーマン酒井は、手のひらに吸い付くようなお尻のナマ肌を触りまくっていたが、尻タブに差し込んだ指先にぬめり気を感じて静香が欲情していると確信した。

あ、や、あんっ、そこ、は、ダメえ…、
太ももの根本にねじ込まれた手で濡れたアソコをTバックパンティ越しにイジられた淫乱若妻は、そこに出来た恥ずかしいシミを意識してオマタに力を込めたが
あんっ、ああ、はああっ、やあん…。
逆にその手で内太ももを強引に押し広げられると従順奴隷の習性で自分から足を肩幅に広げ、濡れたパンティが食い込んだ恥ずかしい場所を自ら開放していた。

おっ、コイツ…、触って欲しいってか…。
ムッチリ太ももの圧迫が急にゆるんで思い通りに手を動かせるようになったことにニンマリした酒井は、さっそく濡れたパンティに指を食い込ませてグリグリし始めた。

や、だ、だめえ…、はあっ、食い込んで、くるう…。
手の動きに余裕の出来た痴漢はパンティごと濡れた恥ずかしい肉をマッサージした。混雑した車内で逃げ場のない静香は感じる部分の刺激でエッチな吐息が唇から漏れそうな口を懸命に閉じ、オマタから全身に広がる快感に耐えていた。

おいおい…、洪水かよ…、
パンティに沁みた湿り気で手のひらをヌルヌルにした酒井は股布部分をめくって直にアソコに触れた。
はあ…、エエ匂い…、気持ちよく、してやるからな…。
ヌルヌルのスジに指の腹を行き来させる痴漢リーマンはどんどんあふれてくる愛液にご機嫌で、震える肩にアゴを乗せるとセミロングの髪に鼻をツッコンで、シャンプーのいい匂いをフンフン嗅いでいた。

ああ…、もう、だめえ…。
一方で恥部を嬲る痴漢の手は、もう一方でブレザーに忍び込みシャツをまくり上げてブラごと乳房を揉み始めた。2カ所の性感帯を同時に責められた淫乱人妻はどうすることも出来ずに、火照った女体の昂ぶりにただ耐えるしかなかった。

おっ、ここか…、うほっ、こりゃでけえっ…。
ブラの上から乳房を揉んだ手はいったん背中に回って器用にホックを外すと直に乳房を弄んだ。駅に向かう道でストーキングしていたときから美爆乳に目を付けていた酒井だが、直に触れてみると手のひらに余る大容量にますますご機嫌でフンフン興奮した荒い鼻息を鳴らしていた。

淫乱妻静香調教 (72)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


定価の1/3になっていたので買っていました。ちなみに毎回掲載しているAmazonリンクは基本的に自分で購入したモノです(もちろん全部ではありません)。というか自分で買うためにリンクしています。

レビューを見ているとメッタメタに酷評されているので、もっと値下がりする可能性がありますが、『豪華32P 写真集 「貞子の休日」』『特製貞子の呪い箱』など特典が満載(ツッコミどころ満載?)なので、ポチってしまいました(笑)。

関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:05:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3699-2dfaaaf3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next