FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (55)サカリ弟の強姦挿入

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (55)サカリ弟の強姦挿入

「も、もうっ、がまんできんっ」
脱衣所の床に這いつくばって浴室を覗いていた変態浪人貫瑠生は、浴槽で繰り広げられるレズビアンな絡み合いに激昂し、ジャージを引きちぎるように全裸になって飛び込んできた。

「え?…、いやあんっ」
あっ…、やんっ…、おっきいオチンチンがっ…。
突然乱入してきた特大勃起チンポに、佐代里の指技にもだえてだらしないアヘ顔をさらしていた静香は思わず悲鳴を上げた。

「や、やらせろっ」
ケダモノのような荒い息にまみれた変態は二人の美女が絡み合う浴槽に踏み込むと、お湯に火照ってピンク色に染まった柔肌に力んだ指先を食い込ませる。

「なっ…、ヌルちゃんのバカアッ」
突然の出来事にあっけにとられてサカリの付いた弟の浴室への侵入を許した姉は、なんとか気を取り直すと、エッチな妄想で欲情してゆがんだバカ面を思いっきり張り倒した。

「うげっ」
怒りとヤキモチのこもった平手打ちは狂気を帯びた笑いで緩んだ頬を思いっきり張り飛ばし、息子をめいっぱい勃起させたバカ貫瑠生はタイル地の床にすっ転んだ。

「あら、ら…」
ああ…、痛そう…。
ビンタを食らった拍子に足を滑らせた貫瑠生が顔面から床に激突するのをただ眺めていた静香は、顔面でカラダを支える奇妙な姿勢ですっ転んだ貫瑠生を心配していた。

「うっ…、じゃ、じゃあっ、姉ちゃんでいいよっ」
静香の心配をよそにあっさりと復活して勃起チンポを誇示するように腰を突きだした変態弟は、ブサイク顔が鼻血で真っ赤になってるのもお構いなしに、お湯のしずくを官能的な曲線に艶めかしく垂らす姉の肉体に襲いかかった。

「や、やだっ、あ、ああっ…」
勢いを付けて抱きついてきた変態に浴槽の中で押さえつけられた美人姉は、ケダモノじみた剛力でオマタをムリヤリ広げられ、理性を無くした勃起チンポを押しつけられていた。

「うっ、おおっ、やってやるっ」
鼻血で真っ赤に染まった禍々しい表情を見せる変態は痛みで正気を失ったかのように、限界までふくらんだカッチカチの息子を、柔らかい美肉のスキマに有無を言わせずねじ込む。
「うお…、おおっ、姉ちゃんっ、温かいよっ」
お湯で温まったヌルヌルの肉の亀裂に特大勃起チンポをねじ込んだ変態は、ネットリ絡んでくる膣粘膜の気持ち良さにマヌケ声でうなり、一段と磨きをかけたバカ面で佐代里に迫って腰を振った。

「や、あっ、ヌル、くんっ、あ、ああっ」
静香とのレズプレイで媚肉をヌルヌルにしていた佐代里は、サカリの付いたバカ弟のただ乱暴なだけの挿入にもだえた。勢いよく挿入する貫瑠生の腰の律動で、バスタブのお湯が嵐のようにチャプチャプ波立っていた。

「うわあ…」
ああ…、すごい…、
レズプレイを中断されてまたもカヤの外に置かれた静香は、浴槽で繰り広げられる南海の大決闘のような肉体のぶつかり合いを呆然と眺めていたが、
やあん、おちんちんが…。
いつのまにか肉の亀裂に指を伸ばしてひとり遊びを始め、湯気の上がる官能的な女体の曲線を伝って垂れるお湯のしずくの混じったいやらしい汁を、女の子座りしたオマタから垂らしていた。

淫乱妻静香調教 (56)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます


【アルファマックス SKYTUBE】フォルト!!シリーズの新製品です。フルキャスト(全裸)に出来てアソコもちゃんと造形着色されています(エロ笑)。7月リリース予定の予約品ですが、このシリーズは発売後すぐにプレミアが付くほどの人気です。

去年10月にリリースされた同シリーズのこの製品はリリース直後にプレミアが付き、中古品でも5000円以上の高値が付いています。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:59:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3683-bd5d96e6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next