FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (35)男を狂わせるカラダ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (35)男を狂わせるカラダ

「うっ、ううっ…、こ、このっ…」
快感地獄にたたき落とされてもだえ苦しむ官能的な女体の妖しい誘惑に惑わされ、いつもなら数秒で外しているカギに苦戦する中年カギ屋は、
「はっ、はあっ、はっ、はあっ」
はげ上がった額にアブラ汗をダラダラ垂らしながら、貞操帯が食い込んだオマタを懸命にのぞき込んで、工具をカチャカチャ鳴らしていた。

「んぐっ、う゛ぁあっ、ぐもっ、う゛ぉっ…」
ぐう゛ぁっ、ぐっ、ああっ、ぢんじゃう゛っ…。
容赦ないバイブ攻撃に貞操帯が食い込んだオマタに愛液を滲ませる静香は、軽いエクスタシーに突きあげられ、発狂寸前の激しいあえぎ声にまみれてもだえ狂っていた。

「くっ、おっ、おおっ…」
単純なカギに悪戦苦闘し、プロのカギ師としてのプライドさえズタズタにされた中年は、激しくもだえる女体に惹かれて浮き足だっていたが、なんとかカギを外すことが出来た。
「えっ?…、あっ…」
股間や腰肉にムッチリ食い込んだ貞操帯を外したカギ屋は、オマタに密着したソレを引きはがそうとして、バイブを咥え込んでネチョネチョに濡れて絡みつく媚肉に見入った。

「あ…、ああ…」
透明な粘液にまみれた肉が妖しくうごめく光景に、正常な意識を崩壊させてただのスケベ中年に成り下がったカギ屋は、淫らに広げられてバイブの震動に震える媚肉を血走った見つめ、いったん引き出したバイブをまた差し込んでいた。

「ぎにゃらっ、ばう゛ぁっ、う゛ううっ…」
う゛ぁあっ…、いにゃあっ…、う゛うっあぁっ…。
電動バイブを咥え込んだ媚肉をネットリ濡らした静香は繰り返し快感の頂点に突きあげられ、目の前は真っ白でカギ屋の淫らな仕打ちなど意識の外だった。
にゃらあっ、ぢぬう゛っ…、びみゃう゛…。
プルルンシャインリップをガクガク震わせてヨダレを垂らすアヘ顔は、感じすぎて息もまともに出来ず、顔色が蒼白になっていた。

「あ、はっ、はあっ…、取れました」
もだえ苦しむ女体に電動バイブを抜き差ししてさらに苦しめたエロ中年は、ハアハアと興奮した吐息にまみれながらバイブを引き抜くと
「はっ、こ、こっちの、はっ、カギ穴っ…、し、はっ、はあっ、調べますっ」
トロトロに濡れて濃いフェロモンの湯気を上げる媚肉の合わせ目をジッと見つめ、カチャカチャとベルトを外してカウパーでネチョネチョになったビンビン息子をさらけ出した。

「あ、はっ、はあっ、はあっ」
あっ、やっ、やっと…、ああっ、はあっ…。
まだ尻アナディルドは入ったままだったが、なんとか膣穴電動バイブ地獄から解放された静香はカギ屋のいきり立った肉棒など目に入らずに、激しい呼吸で美豊乳を大きく揺らして酸素補給していた。

「んっ、はっ、じゃっ、はっ、調べ、はあっ、ます」
淫らにもだえ狂う女体に狂ったカギ屋はビンビンの息子を握ると、縦スジのかすかなスキマを見せる愛液まみれの肉の裂け目にその先端を押し付けた。

淫乱妻静香調教 (36)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:05:14 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3663-c57e8068
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next