FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (22)膣圧風船

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (22)膣圧風船

「ち、ちがう…」
や、やだあっ…、してない…。
人前でオナラをした経験のない静香は柴垣のなじる声に、はしたなく開脚した肉感的な裸体を真っ赤にし、後ろ手に手錠された両手をモジモジさせていた。

「何が、ちがうんだ、この屁こき虫が…」
放屁の濡れ衣に恥じらって半ベソの美人妻に加虐色情を熱くする変態は、尻アナに刺さったチューブを引っ張って役目を終えた風船の残骸を引きずり出した。

「んあっ、ち、ちがうんです…」
屁こき?…、や、やああっ…。
どM従順奴隷はムキ出しの濡れ濡れマ○コを見られるよりも、オナラしたとなじられることの方が恥ずかしくて、緊縛された女体を切なげに揺らしていた。
「ああっ、うるさいぞ、はあっ、屁垂れ女が…」
オナラじみた破裂音とともに美人妻の肛門が激しく揺れる倒錯したスペクタルが目に焼き付いた変態は、再度風船をチューブにセットしてピンクの菊門にねじ込む。

「や、やだあ…、もう、やめてえ…、ください」
あ、や、いやあ…、ああっ…。
尻アナをイジられるおぞましい感覚にどMな被虐性癖を熱くする静香は、ごつい指が菊門を拡張しながら風船をねじ込むのに合わせ、アソコの肉の合わせ目からタラタラとエッチ汁を垂らしていた。

「うるさいぞ…、はっ、おら、はあっ、ごほうびをくれてやる」
艶めかしい裸体が見せる肉感的な曲面を切なげに揺らす静香に、倒錯興奮に昂ぶった吐息を響かせる変態は、ポンプを押しながら開脚したオマタに股間を押し付けてナマ挿入した。

「え?…、やっ、はっ、やだあっ…」
あ?…、あ、ああっ、挿入ってくるう…、
愛液でヒタヒタの女性器はあっさりと柴垣のいきり立った息子を受け入れた。
あっ、や、はあっ、大きい?…、や、は、ああっ…。
3回目でも勢いが衰えないどころかますます固く勃起する肉棒に、どM美人妻は喘ぎ声まじりにもだえ、のけ反った頭にツヤツヤした髪を踊らせる。

「くくくっ…、うれしいか、このズベタが…」
息子に絡みついてくる粘膜の快感にみっともなく顔を緩めた変態は、ポンプを押して尻アナに挿入したゴム風船に空気を送り込む。

「あっ、やっ、あんっ、やめて…、や、やだあ…」
あ、ま、また?…、やだ、ああっ、もう、いやあ…。
空気圧で直腸を拡張される感覚に怯える静香は、ナマ本番で陵辱されることよりもオナラまがいの行為を強制されることに拒否感を見せていた。

「ん?…、いいぞ、締めつけやがる…」
泣き声混じりの懇願にますます加虐色情を熱くする変態は、風船で膨らんだ直腸の圧迫で膣が締めつけられる気持ち良さに、だらしない笑みを浮かべて腰を振っていた。

淫乱妻静香調教 (23)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:17:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3650-76e4bcf2
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next