FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (21)恥ずかしい破裂音

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (21)恥ずかしい破裂音

「くくっ、うひっ、はっ、はあっ…、はああっ、くへへっ…」
緊縛されて動けない静香の尻アナをもてあそぶようにゴム風船を直腸まで押し込んだ変態は、何度も妄想してきた変態プレイの実現にのぼせて呼気を荒くし、チューブの先端に付けられたポンプをゆっくり押していた。

「や、ああっ…、な、なに?…」
えっ…、なに、してるの?…、
お尻に入れられたゴム風船がゆっくり膨らんでいることが理解できてない静香は、
やあっ、お腹が、ああっ…、
じんわりと直腸が広げられていく感覚に、お尻がムズムズして自然に腰が浮き上がるような感覚に襲われ、官能で火照った女体にアブラ汗を滲ませていた。

「あっ、ああっ」
こっ、こわいっ…、おしりが、ああっ…、
柴垣は荒い吐息にまみれながら、直腸内で徐々に巨大化するゴム風船に着実に空気を送り込んでいた。

「んっ、あっ、ああっ…」
あっ、くっ…、苦しい…、はあっ、な、なにが…。
ビデ浣腸のように重量感を伴った圧迫ではないが、着実に直腸粘膜に圧力をかけて広げるゴム風船にいい知れない恐怖を感じる静香だった。

「けっこう、入るな」
単調なポンプ操作にそろそろ飽きてきたどS暴君は、突然頭に浮かんだポッコリ下腹を蹴り飛ばしたい暴力的な衝動をなんとか抑え、尻アナへの空気の注入を続けた。

「あ、あの…、苦しくて…」
ああっ、なにが…、はあっ、もう、ガマンできない…。
腸内にガスで充満した時のように脳が尻アナに放屁を要求してもできない苦しさで、どMな被虐倒錯興奮でよがる肉感的な女体はシットリした柔肌に脂汗を垂らす。

「ああ?…、がまんしろっ」
妖艶な美女が漏らす苦しそうな声に声を荒げてすごんだ柴垣だったが、サディステックな興奮を刺激されてポンプを押す手を早めた。

「あ、ああ…」
くっ、くるし、い…、あ、ああ…、
直腸どころか大腸にまで圧迫を加えるほど大きくなった風船に苦しみもだえ、汗で妖しくテカる下腹のポッコリ膨らんだ曲線を震わせていた静香は
「ひっ」
ぎゃひっ…。
突然はじけた風船が腸粘膜に与えた衝撃に悲鳴を上げ、開脚緊縛された女体を緊張させた。

「うひっ?…」
風船が破裂するこもった破裂音に続いて尻アナがビブルブビビッと鳴った。
「げひっ、ぐわははっ…」
風船に溜まっていた空気が一気に菊門から放出され、しぶきになって飛び散る腸液とともに恥ずかしい放屁音に似た音と柴垣のバカ笑いがバスルームに響いた。

「えっ、やっ、やあっ、やだあっ」
な?…、や、やだあっ…、
汗でテカる太ももを広げられて尻アナ丸出し状態の美人妻は、強烈なオナラのような激しい爆発音に顔を真っ赤にして身もだえし、
やっ、ああっ…、恥ずかしいっ…。
どMな被虐性癖を刺激されて開き気味のアソコをネチョネチョに濡らした。

「くっ…、この恥さらしがっ、盛大にやりやがったな」
しばらく続いた恥ずかしい破裂音とともに菊門が震えるのを注視していた変態は、やけに浮きたった笑い声とともに羞恥責めのセリフをわめいていた。

淫乱妻静香調教 (22)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:50:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3649-43a716df
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next