FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (25)エロ単語プレイ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (25)エロ単語プレイ

「おい、寝るなよ、勉強するんだろ」
ロータープレイの準備を終えたオレは、荒い吐息で顔が熱くなるのを感じてドキドキし、ムキ出しの肩を揺すった。声がうわずってかすれているのが自分でもわかった。

「あ…、あ、ごめん…」
肩の素肌をつかんだ手は思った以上に力がこもっていたようで、ちょっと痛そうに顔をしかめた倉田はめくれ上がったお尻を隠そうともせず、目をこすりながら起き上がった。

アソコにローターを入れられて気付かないはずはないが、その時のオレは変態エロバカの異常な昂ぶりでそんなことを考える余裕がなかった。

対面に女の子座りしてヒザを広げ気味の倉田にオスの本能ムキ出しにして、短いキャミワンピのスソでかろうじて隠れた股間をジットリ見つめていた。

おらっ…。
不安げな目でこちらを見る倉田を無視してキャミに隠れたオマタをガン見するオレは、口に溜まったツバをゴクンと飲み込むと、ポケットに手を入れてローターのリモコンスイッチを入れた。

「あっ」
急に動き出したローターに倉田は小さく呻くとキャミワンピのスソをナマ太ももの間に押し込んでうつむいた。キャミひもが二の腕に垂れた肩がつらそうに震える。
…、はっ、ああっ、はあっ…。
それは昨日の6時間目と同じだった。エロ悩ましい吐息が女子高生の静かなプライベートルームに響く。

「これ、なんて読むんだ」
アソコのナカで暴れ回るローターにもだえる現役女子高生という、AVっぽいエロ妄想に取り憑かれたオレは、容赦なく次の攻撃に移る。
「あ…、バ、ギナ…」
エロ単語を選んで辞書を差し出すと、ツヤツヤ黒髪越しに上目遣いで見た倉田はナカで暴れるローターの刺激をこらえながら発音した。プルルンと震えた唇がエロかった。
「ば、ぎな?」
どSな倒錯興奮で荒い息のオレは、その口調をまねて聞き返した。

「あっ、ううんっ、ああっ、バギナ…」
間違った発音を倉田は優等生らしく正した。悩ましげな吐息に合わせて、V字に大きくあいた胸元からあふれそうな豊乳がタプタプ揺れる。
「意味は?」
エッチな吐息の合間に聞こえてくるローターの鈍い回転音がどSな興奮をかき立てる。興奮した吐息混じりに質問を続ける。

「あっ、ん…、ち、膣…」
ローターの刺激にもだえながらエロ単語プレイに応じる黒髪美少女の切なげな表情が、変態倒錯興奮を煽り立てる。うつむいた倉田は顔を隠すように垂れた黒髪を、苦しそうな吐息に合わせて艶めかしく揺らす。

「んっ…、ち、ちつって、なに?」
頭に血が上ってケダモノじみた衝動に突き動かされるオレは、口に溜まったナマ唾を飲み込み、興奮した荒い息の合間に意味を聞く。

「あ…、は、はあっ…、お、女の人の…、あ、あんっ…、ココ、のこと…」
倉田は女の子座りでヒザを広げた脚の根元を指さした。身振り付きでエッチな単語を同級生の女の子の口から言わせる興奮に、ズボンをパンパンに突っ張らせた息子は大悦びだった。

黒髪美少女明日香 (26)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:38:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3621-cd4e6e67
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next