FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (16)ラブリー明日香

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (16)ラブリー明日香?

「なっ、なにっ、なにが」
唇にこびりついた白濁液から目が離せないオレは、動揺しまくりドモリまくりで聞いた。

「?…、お弁当、一緒に食べたでしょ」
キョドるオレに怪訝そうな平板な声を漏らした倉田は、じっとオレを見つめてきた。

「あ、ああっ、うまかった、ごちそうさま、ごはんツブ、ついてるぞ」
真っ直ぐに見つめてくる大きな黒い瞳に吸い込まれそうな気がして、ますますキョドるオレだったが、ザーメンを付けたままで教室に戻れないという思いが先に立って、思わず指先でプルルン唇をぬぐった。

「えっ、はずかしっ、ありがと」
抱きついたまま柔らかい下半身を密着させる倉田は、いきなり唇に触れる不埒を不快に感じるどころか、さっきのカワイイ笑顔に戻ってちょっと恥じらっているようにも見える。
「ああっ」
黒髪美少女のカワイイ笑顔につい見とれてしまったオレは、ナマ本番と同じ体勢にのぼせあがり、お尻に手を回して柔らかい弾力を夢心地にまさぐっていた。

「…、そろそろ、お昼休み終わるよ」
倉田は紺ミニスカに入り込んだ手でお尻をなで回される痴漢行為に文句一つ言わないどころか、ダッコされるのが嬉しくてしょうがない、といわんばかりのカワイイ笑顔でオレをじっと見つめていた。
「…、あっ、ああっ、立てよ」
昼休みが終わるというセリフに現実で引き戻されたオレは、たるんだバカ面を引き締めて密着する柔らかいカラダを押しのけようとした。

「あんっ…、立てない、立たせて」
引きはがそうとする乱暴な扱いに機嫌を悪くしたのか、倉田はまた何を考えているかわからない表情でじっと見つめると、首に抱きついてきた。
「へっ、あ、ああっ…」
胸に押し付けられる柔らかい大きなふくらみにドギマギするオレは、お尻に両手を回してツンデレに甘える倉田を抱え上げた。

「んっ、よっ、とっ」
柔らかいカラダを抱えオレはあぐらのままなんとか立ち上がった。指がナマ尻肌の弾力に食い込み、その指先がパンティに入り込んでまたムラムラしてきた。
「…、うふふっ」
エロい魂胆のこもった指先がジリジリとパンティに入り込んだが嫌がるそぶりはなかった。股間を密着させて上半身を反らせる倉田はカワイイ笑顔でオレをじっと見ていた。

「ありがと、降りられるかな」
指先がお尻のアナに触れそうになった時、倉田が体を離した。セーラー服のカラダを折り曲げてパンチラする倉田は、足の下の壁に並んだステップをのぞき込んでいた。

「先に降りるから…」
「うん、落ちそうになったら支えてね」
ずり上がったミニスカから見えるお尻につい手を出してしまいそうなオレは、先にステップに足をかけると、倉田がニコニコして後に続いた。

丸見え…。
壁のステップを降りる途中で顔を上げると、スカートの中が丸見えだった。滅多に見られない珍風景に思わず見入って立ち止まると、
「きゃっ、落ちるっ」
降りてきた倉田の足が肩に当たってステップを踏み外した。

黒髪美少女明日香 (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:58:13 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3612-aaabcf2f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next