FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (15)初フェラ口内発射

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (15)初フェラ口内発射

「はああ…」
息子を押し返してくるムッチリした弾力が気持ちいい。屋上で勃起チンポをさらしたマヌケな恰好さえ気にならないオレは、
「じゃあ、いただきます」
据え膳食わぬはなんとかってセリフが頭に浮かんで、熟睡してグッタリした倉田を抱え上げるとあぐらをかいてまたがらせた。

「よっと」
柔らかいカラダを抱きかかえてお尻を持ちあげ、股間に食い込んだパンティを横にずらし、元気モリモリな息子をスジにあてがった。
「お、んっ…」
だらんとした上半身を引き寄せる。豊かなふくらみが胸を柔らかく圧迫してくる。位置決めにふくよかなお尻を前後に動かすと、あっさり息子は濡れた亀裂のスキマに吸い込まれた。

あんっ…。
「くっ、はっ、おっ、おっ…」
耳の横であのエッチな吐息が聞こえた気がしたが、オレはトロけるような気持ちよさに有頂天のエロザル状態でセーラー服のカラダを抱え、腰をカクカク振って勃起チンポをズンズンと挿入した。
あ、あっ、あっ…。
「んっ、おっ、おおっ、ふわあっ」
息子の突き上げで倉田を上下させるたびに、勃起チンポがアソコに出入りするクチュクチュという湿った音がした。それと同期するようにエッチな吐息が聞こえてきたが、倉田は熟睡中という思い込みで無視した。

んっ、あ、いっ、いいっ…。
「ふっ、くうっ、は、はっ」
オレは包茎半ムケチンポを膣粘膜でしごかれる気持ち良さをむさぼり、乱れた紺ミニスカに入れた手で柔らかく脱力した体を上下に揺らし続けた。ボインな胸がオレの胸に押し潰されて上下にこすれて圧迫してくるのも気持ちいい。

「くっ、おっ、あっ、出る」
キツキツマ○コの気持ち良さはあっという間にオレを絶頂に押し上げた。発射を予感したオレは、ナカ出しはダメという強迫に襲われ、慌てて息子を抜くとすばやく口内発射の態勢に入った。
「お、おお…」
黒髪の頭を押さえたオレはめいっぱい唇を広げた倉田に大量のザーメンを注ぎ込んだ。初めてのフェラと口内発射はオナニーの何倍も気持ち良かった。

「はあ、えがった…」
黒髪美少女のお口に射精したオレは、満足な溜息を思いっきり漏らしてバカ面をさらしていた。女座りの倉田を元の姿勢に寝かせて、ズラしたパンティを直した。

その時倉田は口に注入されたザーメンをゴクン全部と飲み干したが、オレは全く気付かなかった。

「う…、ううん…、あ、本当に寝ちゃった…」
半立ちにしぼんだ息子をしまうのと同時に、倉田が寝ぼけ声を漏らして体を起こした。

「う…、あんっ」
間一髪でチンポを見られずに済んだオレは、ドキマギしながらあぐらをかいた股間を見下ろしていた。そこへ立ち上がろうとした寝ぼけ顔の倉田が倒れ込んできた。
「えっ」
ついさっきのナマ挿入と同じ体勢で抱きついてきた倉田に、オレは思いっきりキョドってかすかに笑みを浮かべるカワイイ顔を見ていた。

「あははっ、ごめんね」
倉田は正座するようにニーハイのヒザを曲げてオレの股間にまたがっていた。股間を密着させて抱きつく黒髪美少女は、動揺するオレの顔を見て楽しそうに笑っていた。

「おいしかった」
ザーメンの残滓がこびりついた唇のハシをクイッとあげた倉田は、いままでついぞ見たことのない屈託のない笑顔を見せた。

黒髪美少女明日香 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:52:28 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3611-98146d70
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next