FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (8)夜這い

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (8)夜這い

女体にこもった性欲を解放した大胆なオナニーで、倉田は思いっきり絶頂を迎えて意識を無くした。

美少女オナニーショウを堪能して異常な興奮状態だったがオレはそう思った。のけ反った時にチラッと見えた倉田のイキ顔は、AVの潮吹き絶頂を迎えた女優のそれだったからだ。

やっちまえよ、こんなチャンス、もう絶対無いぞ…。
黒髪美少女のオナニーを観察した興奮したオレに、突然ケダモノのオレがささやいた。先端をビショビショにして自己主張を続ける息子も激しく同意だった。

ノゾキという犯罪行為に手を染めたオレは、エロエロな生オナニーを見せつけられた興奮で道徳や良心が消し飛んでいた。

まだセックス経験がないが、やり方ならもう何年もAVでしっかり予習している。

ドキドキしながら窓に手をかけると、抵抗なくスキマが開いた。
やれっ…。
ケダモノのオレにけしかけられて静かに窓を開け、音もなく部屋に侵入する。
ゴクン…、やばいっ…。
静かな部屋に口に溜まった生唾を飲み込んだ音がヤケに響く。思わずヘタレなオレが顔を出したが、
うひいっ、いただきま~すっ…。
ベッドに横たわる神々しくもまぶしい裸体が両目に飛び込んできて、オレは戦隊ヒーローのような早業で変態素っ裸マンに変身した。

下腹に張り付いてせかす息子をなだめようと手を当てたオレは、ケダモノのような欲望に支配されて意識を無くした倉田にのしかかった。

ツルスベでみずみずしい肌が吸い付いてくる。柔らかい弾力が全身に感じて本能的な生殖衝動がオレを支配する。柔らかい下腹に食い込んだ息子がビクビク脈動して騒ぎ立てる。

はあっ、ゴクッ、うっ…。
風呂上がりの新鮮な裸体からは何とも言えないい匂いがして、また無意識に飲み込んだツバの音にビビッたが、黒髪美少女の端正な顔は無表情のまま微動だにしなかった。

「はっ、はあっ、うっ、ううっ」
次の瞬間、荒い息にまみれた口が艶めかしい女体にしゃぶりついていた。ピンク色に飛び出た乳首に吸い付くと、柔らかい乳房を口いっぱいに吸い込んで舌で舐めまくった。

「うっ、はっ、ま…」
…、あ、あんっ…。
あの切なげな吐息が頭の上でしたような気がしたが、生殖衝動は止まらない。美巨乳に別れを告げてずり下がったオレは、やせて締まったウエストを通り過ぎ、合わせたヒザを広げてアソコをガン見した。

「ツルツルかっ」
やっ…。
倉田はパイパンだった。盛り上がった恥骨の丘から亀裂からお尻のアナまでまったく毛が生えてない。しかしそんなことはどうでも良かった。

「丸、はあっ、見えっ…」
ネットリした汁に濡れた亀裂がかすかにスキマを見せていた。亀裂からちょっとだけはみ出して、わずかに充血して見えるビラビラが、粘液でテラテラと鈍い光を放って異常にエロい。

「うっ」
女の子の女性器を生まれてはじめて直に見た衝撃に、オレはガンッと頭を殴られた気がした。

黒髪美少女明日香 (9)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:01:16 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3604-ff2db6d4
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next