FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (6)お風呂ノゾキ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (6)お風呂ノゾキ

…、おっ、来た…。
本屋の外でドキドキが収まらないまま待っていると数分後に倉田は出てきた。なにもなかったかのようにすました顔で歩く倉田は、紙袋をワキに抱えていた。

きっとあの本だろうとスケベ妄想を膨らませたオレは、そうするのが当然のように彼女のあとをつけた。

ストーカーしながら紺ミニスカを揺らすお尻を見ていると、自然に股間が膨らんで歩きにくかった。そんなみっともない状態でしばらくセクシーなセーラー服の後ろ姿をつけていくと、倉田は一軒家に入っていった。

その家は誰もいないのか灯りがついてなかった。ドアをカギで開けた倉田は黙って入っていった。親がいるなら「ただいま」くらいは言うはずで、家には倉田一人だけだと確信した。

普通の精神状態なら倉田の自宅を確認したことで満足して引き返すところだが、その時のオレは性欲異常なストーカーだった。

通りから目隠しになる生け垣の内側に忍び込んで中の様子をうかがった。明らかな犯罪行為だが痴漢行為の倒錯興奮がさめないオレは、倉田の私生活をノゾキ見る衝動に突き動かされていた。

通行人が来ても見つからないようにカラダを低くしていると、家の向こう側であかりが漏れた。好都合にも通りに面してないそこはノゾキに絶好の場所だった。

ドキドキしながらのぞき込むと、残念ながらすりガラスで中の様子はわからない。しかし漏れてくる水音で風呂場だと直感したオレは倒錯性欲異常者になりきった。

はあ、はあっ…。
カギがはずれていてサッシに手をかけると動いた。異常な興奮で激しい息が押さえきれなかったが、シャワーの音がかき消してるおかげでノゾキする変態の気持ち悪い吐息は倉田の耳に届かないようだ。

くっ、ふううっ…。
わずかに開けたスキマから長い黒髪をタオルでまとめた倉田のあられもない姿が見える。体操服のブルマ姿でも興奮するが、何も身につけてない美少女の新鮮な裸体は神々しいまぶしさで、極上セクシーなスペクタクルだった。

はっ、はあっ…
みずみずしい果実のような光沢を放つ素肌に包まれた全身。斜め後方の横顔から首筋、かすかに見える鎖骨に続いて、大きめの胸の先端にカワイイ乳首が見える。

その時は気付かなかったが、斜め後ろからはっきり見えたということは乳首が勃起していたということだろう。

「はうっ…」
次の瞬間、ドッカンと膨らんだ息子に思わずしゃがみ込んだ。

くうう…。
窓の下に隠れて激しく自己主張する息子をなんとかチンポジチェンジして落ち着かせたオレは、改めてノゾキを再開した。

…、はっ、はあっ…。
下乳の豊かな丸みが上向きに突き当たると、肋骨が透けたやせた脇腹とウエストのくびれたシェイプに続き、本屋でやりたい放題になぶりまくったお尻が十分なふくらみが見える。

くっ…。
本屋痴漢の興奮が蘇って、ふたたび息子が激しく自己主張した。

…、は、はっ、はあ、はあっ…。
すでにチンポジを正しく直したオレは暴れん棒息子を無視し、キレイな脚線美が描くエッチな曲線をなぞっていた。しゃぶりつきたくなるような極上の女体を滴る、シャワーの水滴になりたいと真剣に思った。

「うっ…、(はあっはあっ)」
シャワーで全身を流した倉田は股間に両手を当てて洗いだした。立ち姿でオナニーするような黒髪美少女の淫らな立ち姿に、どうにも息が激しくなって呼吸困難に陥りそうだったオレは、休み休みしながら断続的にノゾキを続けた。

くうっ、ううっ…、はっ、ああっ…。
股間に手を入れてパンティをビショビショにしたエッチな汁を洗い流しているのか、温かいシャワーで上気した黒髪美少女の横顔は、高校生とは思えない妖艶な官能を漂わせていた。

シャワーを浴び終わると倉田は湯船に浸かることなくバスルームから出て行った。

黒髪美少女明日香 (7)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:51:47 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3602-1b684a9a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next