FC2ブログ

== 黒髪美少女明日香 ==

黒髪美少女明日香 (5)痴漢プレイ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
黒髪美少女明日香 目次

黒髪美少女明日香 (5)痴漢プレイ

「(んっ…)、ゴクンッ、(ひっ)」
口いっぱい溜まったツバを飲み込んでゴクンと大きな音を立てたオレは、紺ミニスカに手を入れるとパンティの上から直接尻をまさぐった

あ…、あぁ…。
倉田はやっぱり知らん顔してお尻を触らせていた。尻肌に密着した手が淫靡に尻タブをゆがめる動きと同期するように、あの切なげでエッチな吐息がオレの耳をくすぐるように響いた。

セクシーな吐息で理性を消し飛ばされて、オレは痴漢行為に没頭した。

はっ、ん…、あ、ああっ…。
柔らかい弾力を思いっきり揉みまくってやるとイヤらしい吐息がますます激しくなる。股間を優しくなでるようなその吐息に煽られてますますのぼせ上がったオレは、お尻のワレメの奥に手を差し込んで、女の子の大事な部分をマッサージした。

くっ…、あんっ、んっ、ううっ…。
アソコはビショ濡れだった。リーマンの痴漢行為に倉田が感じていたと思うと怒りに似た感情でカラダが熱くなり、オレはヒタヒタに濡れたパンティごと柔らかいマン肉を指の股に挟んでグニグニ揉みまくった。

んっ…、あっ…、うっ…、ひんっ…。
エッチな息づかいはますます激しくなり、それまで微動だにしなかった倉田のカラダが悩ましげに揺れる。オマタが力んでムチムチ太ももがオレの手を柔らかく圧迫する。ツヤツヤした黒髪がかすかに揺れていい匂いがオレの鼻をくすぐる。

んっ、うっ、あ、んっ…、んっ、ああ…。
忘我の境地で痴漢に熱中するオレは力んだ指先で引き絞ったパンティをスジに食い込ませ、はみ出した柔らかいヌルヌルの肉をなぶりまくった。手の平はエッチ汁でネチョネチョだ。

はっ…、くっ…、あ、い、いっちゃう…。
倉田をメチャクチャに陵辱する暴力的な欲望がオレを支配する。食い込んだパンティをずらすとマン肉の合わせ目に指を挿入した。ネットリした暖かさに包まれる気持ち良さにのぼせ上がって、クチュクチュかき回すと、
はっ、あ、ああ…。
苦しそうなイキ声がしてセーラー服のカラダがビクンと震え、倉田はその場にしゃがみ込んだ。

「…、はっ…」
絶対領域がまぶしいナマ太ももを広げてしゃがんだセーラー服美少女を、オレは暴力的な性的興奮にまみれて見下ろしていたが、急にそんな気持ちが冷めて自ら手に染めた痴漢行為が恐くなり、アダルトコーナーを逃げ出した。

黒髪美少女明日香 (6)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:46:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3601-37fa246f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next