FC2ブログ

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (7)お互いの初体験?

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (7)お互いの初体験?

「義姉(ねえ)さん…、そろそろ…」
はあ…、ああ…、変な、感じ…。
魂が入れ替わって涼香とカラダを交換した健司は、胸に付いた形のいい乳房から突き出た乳首と股間の湿った肉の合わせ目を、さっきまで自分のモノだった手に愛撫されて女体の官能的な悦びに襲われ、戸惑いを感じながら艶めかしい吐息混じりの声を漏らした。

「あ…、うん…、いい?…」
わたし、こんな声…、だったのね…。
聞き慣れない自分の声に違和感を覚える涼香は、あのときに出す声がこんな感じなのかと考えながら、自分の股間でそそり立つビンビンの息子を健司の濡れた秘所にあてがった。
「あ、ああ…」
…、これがオレの、処女喪失?…。
童貞はとっくに卒業している健司は元来サバサバした性格なのだが、女のカラダでの初体験になんだか感傷的になっていた。

「ここ?…」
どこだっけ?…、って自分のカラダ、なんだから…。
ガニマタ気味に脚を広げた自分の顔をした健司にのしかかった男のカラダの涼香は、慣れないソレを差し込む場所に一瞬迷ったが、相手は勝手知ったる自分のカラダだと思い返してつい笑っていた。
「どうしたの?…、義姉(ねえ)さん」
へ?…、なんだよ、何がおかしい?…。
急に笑い出したさっきまで自分のだった顔が不気味で、まな板の上の鯉状態でムッチリした太ももを広げた健司は、義姉の美人顔を悩ましげに曇らせた。

「あ、ちがうの…、ごめんなさい」
やだ、笑っちゃった?…、そうよね、こんな時に笑うなんて…。
不機嫌そうな自分の顔をみて、不謹慎な態度だったと反省した涼香は素直に謝ったが
「…、入れるね…」
なんか、変な気分…。
ついさっきまで自分のカラダだった恥ずかしい場所に、慣れない男性器を押し付ける倒錯した興奮で、自ら進んで腰を押し付けていた。

「あっ…」
は…、入って、きた?…。
男の時はさっぱりした性格だった健司は、女のからだになって初めての体験にセンチな気分になって、男性器を挿入される感触に悲しそうな表情を見せた。
「んっ…、えっ?…」
これが男の人の、セックス?…、えっ、泣いてる?…。
男性の暴力的な性衝動に駆られ、長年慣れ親しんだ自分のカラダに股間で勃起した男性器を挿入した涼香は、先っちょを食い込ませたところで泣きそうな自分の顔を見て、それ以上できなくなった。

「…、どうしたの…、義姉(ねえ)さん…」
は、あ…、あ、あれ?…。
自分のチンポで貫かれて処女?を失う悲壮な覚悟を決めていた健司は、急に動かなくなった自分の顔が涙で滲んでぼんやり見えていた。
「やっぱりダメ…、できない…」
ダメ…、やっぱり、こんなのダメよ…。
男性的な性衝動に支配されていた涼香だったが、自分の悲しそうな顔を見て最愛の夫が亡くなったことを思い出し、体が入れ替わったとはいえ義弟とのセックスが許されないことだと思った。

未亡人涼香 (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:08:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3583-c0f60c89
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next