FC2ブログ

== 超絶美女杏奈 ==

超絶美女杏奈 (26)エロ超絶美少女とヘタレすけべイケメン

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
超絶美女杏奈 目次

超絶美女杏奈 (26)エロ超絶美少女とヘタレすけべイケメン

「は、ああっ、ああっ」
いっ、あっ、ああっ…、誰かに、見られ、ちゃうっ…。
学校の階段の途中でスベスベお尻を丸出しにして冬馬にクンニされる杏奈は、ひとり遊びエロ妄想とリアルな局部への愛撫によがりまくって、自らの手でミニスカを全部まくり上げて恥毛の丘まで丸出しにしていた。

「は、ああっ、はうっ、ぷっ」
超絶美少女の妖しいフェロモンに酩酊し、エロ妄想通りの公然猥褻プレイに引き込まれてしまった冬馬は、階段の上に立つ杏奈の神々しいまでに美しい下半身にしがみついて懸命にクンニを続けたが、あふれ出る愛液がどんどん口に入ってきてとうとうガマンできずに恥部から顔を離した。

「ああんっ…、じゃあ、こうして」
あんっ、やっ、ああんっ…、これなら、いいでしょ…。
逃げ出した冬馬に不満そうに切れ長の目をさらに細めた超絶美形少女だったが、踊り場の隅に寄りかかると電車で痴漢男にされたようなプレイを要求して、ミニスカの前をたくし上げた。
「あ、ああっ…」
杏奈の破廉恥なおねだりに目を見張り、口の周りでテラテラする愛液をぬぐうのも忘れた冬馬は、興奮した息を響かせながら若い濃密なフェロモンに誘われるような頼りない足取りで近寄り、セーラー服のスレンダーな女体に寄りかかって恥部に手を当ててまさぐりはじめた。

「あ、んっ、は、ああっ」
や、ああっ、見られ、ちゃうう…。
窓の外に流し目して体育のトレパン姿の男子を見た杏奈は、大勢の体操服男子からイヤらしい目で見られる羞恥妄想を頭にうかべ、興奮したあえぎ声を階段に響かせていた。
「ちょっ、声、大きい」
あたりはばからぬイヤらしい声にビビッて思わず周りを見回した冬馬は、薄い恥毛のアソコをイジりながら、艶めかしく震える唇を押さえた。

「んっ、あ、はああっ」
あ、あっ、口、ふさがれちゃった…、変態行為が、後ろめたい、のね…。
口を押さえられた息苦しさにもどMな興奮を感じる妄想美少女は、ますますエッチな汁を垂れ流して冬馬の指先をヌルヌルにしていたが、まくり上げたミニスカはあいかわらずそのままで下半身は丸出しのままだった。

「やばいよ、教室に戻ろう…」
エッチなお誘いについ乗ってしまったエロザルだったが、さすがに昼休みに2回も抜いているので普通の判断力も残っていて、エロ妄想にどっぷり浸かった美少女にヘタレな表情で教室に戻るようにほとんど懇願していた。
「…、そうね…、続きは、放課後ね…」
もっと、したいのに…、そうか、これも放置プレイね…。
冬馬の情けない顔に冷たい視線を浴びせた杏奈は、しかしこれも変態のイジワルな仕打ちだと妄想し、素直に従って教室に向かった。

イヤらしいコト…、してくる?…。
それでもエロ妄想から離れられない杏奈は数歩離れてついてくる冬馬をど変態扱いし、廊下を歩きながらいきなりイヤらしい仕打ちをされるのを期待して欲情し、ノーパンのアソコをヌルヌルに濡らしていたが、生まれて初めて授業をサボったことばかり気にしていた冬馬は、もちろん何もしなかった。

超絶美女杏奈 (27)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:25:23 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3582-36d06890
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next