FC2ブログ

== 超絶美女杏奈 ==

超絶美女杏奈 (24)英梨でシテ、杏奈で出す

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
超絶美女杏奈 目次

超絶美女杏奈 (24)英梨でシテ、杏奈で出す

「なにが、はっ、だめだっ、うっ、こんなエロ顔、くっ、しやがって」
英梨のトロけそうな女体にのぼせ上がった冬馬は抜かずの2発目を開始してガンガン腰を振り、激しく前後する筋肉張ったカラダから汗を飛ばしていた。

「ああっ、だ、だって、あっ、5時間目、ああっ、はじまっちゃ、うっ」
はっ、ああっ、もう、お昼休みが、おわっちゃうっ…。
若い肉欲に翻弄されて上下に揺さぶられる美人教師は、ただれた快感にまみれながら5時間目の開始を気にしていた。

「んっ、ちっ、んくっ、じゃあ、うっ、服着ろよ」
官能的な弾力に腰をハウンドさせて挿入を繰り返すエロザルだったが、5時間目に遅れてはダメだという杏奈のシナリオが頭に浮かんで、不満だったがなんとか生殖本能を押し込めて英梨を突き放した。
「え、いいの?…」
もう、終わり?…、もう、ちょっとくらいなら、いいのに…。
急に解放された英梨は、ギンギンに反り上がったソレをまぶしそうに見てメスの性根をチリチリさせながら、乳首が勃起した乳房をなんとか押し込んでブラを付け直すと、外れたシャツのボタンをかけていた。

「いいよ、また、させてもらうから」
名残惜しそうな英梨に斜に構えた冬馬は、冷たくそういうと背中を向けた。
「そう、じゃあ、5時間目、ちゃんと出てね」
何も、しないんだ…、でも、またって…。
若い肉棒に未練がないでもない英梨だったが、5時間目に遅れるわけにいかないので身繕いを済ますと、未練を断ち切るように足早に生徒指導室から出て行った。

「…、すごかったね」
英梨が出て行くとすぐに杏奈が入ってきた。クールビューティーな横顔がモロ出しのチンポを横目で冷ややかに見ていた。
「続き…、したいよね」
ヒザ裏を伸ばしたまま脚を開いてソファーの背に寄りかかった無表情な杏奈は、紺ミニスカをまくり上げてお尻を丸出しにし、すらりとした脚線美と何も付けてない恥部を当麻に向ける。
「お、おうっ、くっ…」
超美形同級生の扇情的なポーズに興奮して勃起チンポをますます固くしたエロザルは、スベスベしたお尻にしがみつくと即挿入した。

「あ、あっ、あんっ、はあっ、先生、どうだった?…」
あんっ、固い…、さっき出したのに…、はあっ、すごい…。
美しい横顔に淫靡な空気を漂わせる美形少女は、エロ狂いのサルにギンギンの息子をパンパンと激しく挿入され、着乱れたセーラー服をイヤらしく揺らしていた。
「んっ?…、あ、ああっ…」
ナマ挿入で快感を貪ることしか頭にない冬馬は、荒い吐息混じりに生返事して超絶美少女のカラダを陵辱し続けた。

「あっ、そう、んっ、ああっ、いいよ、出して」
は、ああっ、きもち、いいっ…、バイブなんて、もう、ああっ、いいっ…。
いい加減な返答など気にする余裕がないほど昂ぶった杏奈は、ホンモノの肉棒の味に酔いししれて、甲高いあえぎ声にまみれていた。

「うっ、でるっ…、くうっ…」
英梨の成熟した女体で高まっていた欲望は、美形淫乱少女の許しが出てるとすぐに爆発した。
「あっ、んっ、ああっ」
あ、ああっ…、で、出てる…、あっ、お腹、いっぱいっ…。
突然ナカ出しされた杏奈はしがみついていたソファに爪を立てのけ反り、膣ナカでドクドク震える勃起チンポの快感を味わいながら、ピュッと潮を吹いて床に小さな水溜まりを作っていた。

超絶美女杏奈 (25)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:52:40 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3580-369591ee
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next