FC2ブログ

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (17)ナカ出し気持ちええっ

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (17)ナカ出し気持ちええっ

「あ…、えっ?…、はっ…、な、なに、してるの…」
麗奈は意識を取り戻した。目の前でハアハア息を荒くする隆平にドン引きした美人教師は、すぐに股間の切れ目に挿入を繰り返すソレに気付いて声を裏返した。

「なっ、はっ、なにって、はっ、先生が、はあっ、してくれってっ」
ん?…、はあっ、ああっ、とまらねえっ…。
肉欲まみれの性衝動が止まらない隆平は、逃げ腰の女体をお尻で引き寄せて対面座位でズンズン腰を振り、あらかじめ考えておいたシナリオ通りに興奮した吐息まじりにつぶやいた。
「えっ、あっ、だ、だめえっ、あ、ああっ」
意外な答えに耳を疑った麗奈は、なんとか逃げようと少年のやせた胸を押し返すが、お尻をしっかり抱えられているので、逆に股間を突き出して肉棒をさらに奥まで迎え入れる体勢になって、妖しい吐息を漏らす。

「んんっ、それなら、証拠、んっ、あっ、見せますっ」
くっ…、うっ、で、出そうっ…。
自分から腰を突きだしてきた麗奈に膣奥の子宮口をカリでこじ開けた隆平は、発射の予兆にこもったうめき声をあげると、膣中で息子をめいっぱい膨らませていた。
「え、やっ、ああっ、やだあっ」
膣奥で膨らんだカリの鈴口からドピュッと放出されたドロッとした液に、汗に濡れた魅惑的な肉体をのけ反らせた麗奈は、ナカ出しの恐怖でなんとか逃げようもがいたが膣がキュウッと収縮し、脈動するチンポをネットリ締めつけていた。

「んっ、くっ、ううっ…」
うひいっ…、あ、ああっ…。
初めてのセックスで美人教師に生ナカ出しする快感が、あこがれの美人教師を征服して有頂天なエロヒッキーの体をビクビク痙攣させていた。
「や、ああっ、やだあ…」
注入された大量のザーメンを子宮に感じて、麗奈は泣きながら体を反らして逃げようとするが、そのせいで突き出された股間に、脈動を続ける肉棒はますます子宮に食い込んでいた。

「あ、は、ああっ、先生…」
はあっ、え、えがったあっ…、せんせい、きもちええっ…。
ありったけのザーメンをあこがれの美人教師の子宮に注入した満足感で、荒い吐息にまみれた度スケベな笑みを浮かべる隆平は、逃げようとして斜めになった官能的な女体に抱きついて、乳首が突き出た美乳にチュウチュウ吸い付いていた。
「やあっ、だ、だめえ…」
子宮を精子まみれにされた美人教師は泣きベソをかきながら、乳房の先端を愛撫される乱暴な刺激に、汗に濡れたシットリ素肌をピクピク震わせ、ムッチリ太ももにスジを浮かべて力ませていた。

「んっ、は、ああっ…」
はあっ、ああっ…、先生、チュウ、してえっ…。
子種をたっぷり注入して満足そうなだらしない笑い顔の隆平は、美人教師の切なげな表情にそそられて思わずのしかかり、艶めかしいスキマを見せる唇に吸い付いていた。
「やっ、んっ、んんっ」
いきなり唇をふさがれた麗奈は、イカ臭さが混じった汗臭さに顔をしかめたが、どMなメスの本能は悦びで欲情した女体をしびれさせ、ナカで縮み始めた肉棒に抜かずの2発をおねだりするように、膣粘膜を収縮させてキュッキュッと締めつけていた。

「ん、ああっ、ちゅうっ、ちゅるうっ、ぬちゅううっ」
ああっ、幸せだあっ…、気持ち、ええっ…。
美人教師のプルプルした唇を味わってバカ面をさらすエロガキは、汗でヌルヌルした柔らかい女体の感触を楽しみながら、息子を締めつけてくる膣の気持ち良さに元気を無くしかけていた息子をまた固くしていた。

バア転生の秘薬 (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:01:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3571-e590d3af
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next