FC2ブログ

== バア転生の秘薬 ==

バア転生の秘薬 (15)意識のない生徒を強姦する美人教師

ろま中男3 作品リスト
バア転生の秘薬 目次

バア転生の秘薬 (15)意識のない生徒を強姦する美人教師

どうなることかと、思ったよ…。
途中痴漢被害にあった麗奈の顔をした隆平だったが、なんとか家にたどり着いた。

「すいません、隆平君の担任の加藤です…」
…って、中身はオレなんだけどね、えへへ…。
大企業の重役である父親の見栄でやたらと立派に作った門の前に立った隆平は、インターホンで母親の晴香に話しかけ、あくまでも担任教師らしく演じているつもりだった。
…、先生、いつも、すいません、どうぞ、入ってください…。
熱心に訪ねてきてくれる麗奈に母親は恐縮しながら気安く応え、門のセキュリティを解除して招き入れた。

「あの、しばらく隆平君と、二人きりにしてくれますか…」
母ちゃんの顔見るのも、久しぶりだな…。
晴香の前でしおらしい態度をつくる隆平は、真剣な表情で訴えていた。
「はあ…、そうですか…、じゃあ…、おねがいします」
いつものコンサバファッションとは違うカジュアルな姿を不思議そうに見た晴香だったが、やけに前のめりな気迫に気圧されたのか、担任教師を息子の引きこもり部屋に案内した。

うっ、くっせえ…。
引きこもっている時はそれほど感じないが、麗奈の姿をしているとイカ臭さが充満した引きこもり部屋の異臭がやけに鼻についた。
あららっ、やっぱ、伸びてるよ…。
魂の抜けた隆平は、予想通り仮死状態で床に横たわっていた。

んじゃ、一発やるか…。
ドアロックを確認した隆平は、当初の予定通りピンクのドレスを脱いでマッパになると、自分で仮死状態の自分の服を脱がせ、
「んぐっ、重てえ…」
くわあっ、オレってこんなに重かったのか…。
ベッドに寝かせた。大人とはいえ女の麗奈では、ほぼ身長が伸びきった隆平のカラダをベッドに寝かせるのは一苦労だった。

「んっ…」
くっ、くせえ…、風呂は入れよ、オレ…。
モジャモジャの下でダランとした自分のソレを口に含んだ麗奈のカラダを借りた隆平は、鼻をつくアンモニア臭に思わず顔をしかめ、自虐的なセリフを心の中でつぶやいていた。
「おっ…」
魂抜けても、本能は消えず、ってとこか…。
口に広がる苦い味をガマンしてクチュクチュしていると、ダランとしたソレは徐々に固くなってきた。

おっと、そのまえに…。
挿入可能なほどに固くなったソレに美人顔をニンマリさせた隆平は、ソレにまたがろうとしたが思い出したように一世代前のケータイを机の上にセットし、動画録画を開始した。
じゃあ、オレ、うひひっ…、童貞卒業、させてやるからな…。
目を閉じたままの見慣れない自分の顔を見下ろしてエロ笑いした隆平は、
「おっと」
潤滑油…、いるよな…。
ツバを両手にとって、ピッタリ閉じたオマタとその奥の入り口に塗り付けた。

「んっ…」
あうっ…、やっぱ、くうっ、ナカまで、塗らないと、んっ…、ダメか、んあっ…。
入り口はすんなり通過したが、その先はまだ濡れてないのでカリに密着した粘膜が引っ張られる痛みに美人顔がゆがむ。
「あ、んっ、ああっ…」
くっ、あ、はっ、ああっ…、入った…。
それでも仰向けに寝た自分の腰に上にゆっくりと腰を沈め、隆平は強引に勃起チンポをアソコの切れ目にねじ込んだ。

「んっ…、はっ、ああっ…」
はっ、ああっ…、これって、あっ、ホントに、ロストバージン、ああっ、なのか?…。
はしたなくムッチリ太ももを広げて、ほとんど恥毛が生えてないアソコの柔らかい肉を自分の股間に密着させた騎乗位の隆平は、無表情に目を閉じた自分を見下ろして脱童貞の感慨に浸っていいのか、戸惑っていた。

バア転生の秘薬 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:24:06 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3569-936da90e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next