FC2ブログ

== 超絶美女杏奈 ==

超絶美女杏奈 (15)妄想美少女の一人芝居

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
超絶美女杏奈 目次

超絶美女杏奈 (15)妄想美少女の一人芝居

「エリ先生が好きなんでしょ」
手の届かない美人教師に、憧れるヘタレ少年…。
ひとけのない体育館裏に冬馬を呼び出した杏奈は、泣いても整った美形顔をまばゆいほどに輝かせていた。

「でも、いいの…、私、セフレでも、愛人でもいいから」
そんな子の、性のはけ口にされて、弄ばれる私って…、可愛そうすぎる…。
一人遊び妄想を膨らませて悲劇のヒロインになりきっていい気分に浸る杏奈は、安手のメロドラマのようなストーリーをでっち上げて忠実に演じていた。

「ええっ、せっ、セフレ?!」
妄想超絶美少女独特の思考形式が全く理解できないヘタレむっつりは、セフレという単語にスケベ心を沸き立たせ、杏奈にいろんなエッチなことをするエロ妄想にまみれて、だらしなく顔を緩めていた。

「なんでも、しますから、捨てないでください」
あこがれの存在の先生にできない、いろんなことを…、
すましたキレイな顔で一人芝居を続ける杏奈は、引っ込み思案で素朴なむっつり少年の考えていることなど、
私にするんでしょ、いいのよ、私は…。
毎日のオナニーで鍛えた超妄想力で見通しだったが、だからといってそれをひけらかすわけでもなく、あくまでも妄想ストーリーに沿って振る舞っていた。

「あ、杏奈さん、落ち着いて…、オレ、捨てたりとか、絶対無いから」
杏奈さん、不安なんだ…、オレがはっきりしないから…
女の子にこんなことまで言われる自分が情けなくて、ヘタレなダメ男を痛感した冬馬は、嗚咽に震える華奢な肩を両手でつかむと、
そうだ、はっきり、言わないと…。
目眩がしそうな超絶美形な顔をじっと見つめると、ドモリながらだったが勇気を振り絞って正直な気持ちを伝えた。

「ホントに、嬉しい…、ああっ、スキッ」
ああっ、すごい見られてる…、私がそんなに、好きなの?…、
なけなしの勇気を振り絞って真剣に告白する冬馬に、杏奈は予想通りの展開にご機嫌だった。
でも、この子、なんて名前だっけ?…。
嬉しくてつい抱きついていた杏奈だったが、冬馬の名前が思い出せずに肩の上のアゴを乗せてしばし考え込んでいた。

「あ、あのっ、おれも、す、すき…」
はああ…、し、幸せ…。
すでにエッチまでしている冬馬だったが、あこがれだった超絶美形少女に抱きつかれてスキと言われる高校生らしいシチュエーションに萌え、15年間生きてきた人生で幸せの絶頂にいた。
「あ、あの…、ちゅ、ちゅー、してもいい?」
のぼせ上がって調子に乗ったヘタレむっつりは、紺ミニスカのお尻に無意識に手を当ててノーパンの感触を楽しみながら、ドモリを最高潮にしてチューをねだっていた。

「んっ、してください…、ご主人様」
そうか、私、この子の、奴隷だったんだ…。
結局冬馬の名前が思い出せなかった杏奈は、しかしどSご主人様だったことを思い出し、カワイク唇を突き出してキスされるのを待っていた。

超絶美女杏奈 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:46:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3564-c249662f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next