FC2ブログ

== 超絶美女杏奈 ==

超絶美女杏奈 (11)本番したら当然外出し

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
超絶美女杏奈 目次

超絶美女杏奈 (11)本番したら当然外出し

「ひっ、んっ、はあっ…」
うっ…、や、やっ、やばかった…。
ドアを蹴ったでかい音にビビッたヘタレむっつり冬馬は、ナマ挿入したままのチンポを危うく暴発させそうになったがなんとか堪え、こんなところで二人きりでいるのがバレずにホッとした。

「んっ…、はあ…、ケツ穴…、犯す?…」
はあっ…、私、お尻を…、
同級生が出て行って油断した冬馬が口を押さえていた手を離すと、蠱惑的な溜息を漏らした杏奈は黒髪をツヤツヤ揺らして振り返った。
犯され、ちゃうの?…。
バックから挿入されたまま流し目する杏奈はセーラー服のカラダをけだるげにくねらせ、クラスメイトのエロ話で煽られた妄想をそのまま口に出した。

「えっ…、ああ…、ええっ…」
はっ?…、けつあな?…、
発射寸前の状態で杏奈をバックから犯す冬馬は、超絶美少女の口から出た卑猥な単語が最初わからなかった。
ああっ、ケツ穴か…、ええっ、ケツ穴っ…。
ワンテンポ置いて理解するとだらしなく顔を緩めたが、エロ美な横顔を見せる杏奈を二度見して、アナルセックスをおねだりされているのだと気付いて慌てた。

「んっ、あっ、くっ…」
はっ、ああっ…、
動揺するヘタレに腰を押し付けられ、半ムケチンポの先っちょで子宮口をこじ開けられた杏奈は、
あひいっ…、おちんちんがっ…。
つま先立ちにのけ反ってスレンダーな女体を緊張させ、ロリでいやらしいあえぎ声を上げた。

「うっ…、くっ、くうっ…」
で、出るっ…、
緊張した若々しい女体にきつく締め付けられた息子は、あっさり降参した。
はっ、うっ…。
しかしナカ出しはできないと思った冬馬は腰を引いてビクビク震えるチンポを抜き出し、スベスベしたお尻に押し付けた。

「あ…」
え、なんで…、
いきなり逃げ腰になったヘタレに振り返った杏奈は、
あっ、はあっ…。
愛液にまみれてネットリ濡れたチンポがビクビク震え、尻肌に発射された粘液にゾクゾクして、かすかにスキマを見せるスジからマン汁を垂らしていた。

「ああっ…、んっ…」
いっぱい…、出てる…、
張りのある弾力にふくれあがった半ムケチンポを押し付け、ドクドクと射精する快感にイケメン顔をゆがませる冬馬を、
気持ち…、いいのね…。
切れ長の目を細めた妖しい笑顔で見つめた杏奈は、白濁液を搾り取ろうとするかのようにお尻を振って最後の刺激を与えていた。

「はっ…、あっ、ああっ…」
…。
あこがれの美少女とのナマ本番はオナニーと全く違う官能的な戦慄だった。
…。
キレイなお尻に大量のザーメンを浴びせた冬馬は、あとずさって個室の壁に寄りかかると湿った吐息を響かせて肩で息をしていた。

「んっ…、うふっ…」
あんっ、やっぱり、苦い…、
尻肌をジワジワ垂れるザーメンを指先ですくった杏奈は、ソレを口に含んでちょっと顔をしかめたが、
でも…、濃厚で…、
痴漢の置き土産よりもネットリした舌触りがなぜか嬉しかった。
ネットリ…、してる…。
超絶エロ美少女は卑猥に濡れた唇のハシをクイッと上げると、グッタリした冬馬を見つめて、裏スジがしびれるような妖しい笑みを浮かべていた。

超絶美女杏奈 (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:39:43 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3552-67568335
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next