FC2ブログ

== 超絶美女杏奈 ==

超絶美女杏奈 (8)男子トイレでお口の奉仕

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
超絶美女杏奈 目次

超絶美女杏奈 (8)男子トイレでお口の奉仕

「あら、そう…、保健委員は?…」
杏奈の体調がどうなろうと興味ないといった顔の佐藤は、見た目だけはイケメンの冬馬にシナを作って、乳肌が半分近く露出した胸を揺らしていた。

「あの、まだ決まってないので、オレが…」
引っ込み思案なヘタレは、しかし半ケツ状態の杏奈の恥を早く隠そうととにかく必死だった。
「じゃあ、あなた、連れてって…」
いけ好かないションベン臭いガキには興味ないと言わんばかりのエロ教師は、冬馬に杏奈を連れ出すように言うと、授業を再開した。

「杏奈さん、行こう」
なんともない杏奈はワケがわからずに隣の目立たない男子生徒を見ていたが、二の腕をつかまれると、何も言わずに立ち上がって冬馬と一緒に教室を出て行った。

うわあっ、やっ、やった…。
入学式から憧れていた超絶美少女と並んで歩く冬馬は、まるでデート気分でのぼせていたが、
そうだ…、忘れてた…。
当初の目的を思い出すとまくれ上がった紺ミニスカをズリ下げ、半ケツのお尻を隠した。

え…、
気分がフワフワして一人遊び妄想と現実の区別がついてない杏奈は、冬馬の積極的な態度に流されていたが
お尻、触った?…。
ヘタレ少年が親切でしたことを痴漢行為と勘違いした。
あ…、おちんちん…、おっきくしてる…。
しかも冬馬の股間は膨らんだままで、ソレを見た淫乱JKはいつものエロ妄想だと思い込んだ。

「来て」
私を…、犯したいのね…。
クラスの男子から犯されるシチュエーションは一人遊びの定番妄想だった。男子トイレが目についた杏奈は、冬馬の手を引いて入っていった。

えっ、な、なんで…。
何のてらいもなく男子トイレに入る杏奈に、またも仰天して思考停止したヘタレ男子は引かれるままに個室に入っていた。

男子トイレに、連れ込まれて…、
冬馬には平気そうに見える杏奈だったが、頭の中では一人遊び定番の妄想がグルグルして
いやらしいことさせられて…、犯されるんだわ…。
パンティが食い込んだオマタがドキドキするのを感じながら、ピンクのスジにいやらしい汁をにじませていた。

「いいよ…、脱いで」
言うこと聞かないと…、
個室で二人きりになった杏奈は、状況の見込めずにオドオドする冬馬の前にひざまずくと
殴るんでしょ…、だから、しょうがないのよね…。
独りよがりな倒錯妄想で自らを追い詰め、自分からベルトを外してムッツリ少年を下半身裸にした。

「ええっ」
え、こんな、こと?…。
美人顔の思いつめたような切れ長の目で見つめられた冬馬は、蛇ににらまれたカエル状態で、されるがままに屹立した息子を丸出しにされた。

「…、んっ…」
おっきい…、私を犯したくて、興奮してるんだわ…、
勃起したホンモノのチンポをはじめて目前に見た超絶美少女は、切れ長の目を寄り目にしてしばし見つめ、女体の芯を熱くしたが
でも、しないと…、ひどい目に遭わされるし…、
自縄自縛なおバカ妄想で自らに淫らなご奉仕を強制し、悲劇のヒロイン気分になっていた。

くさい…、でも、しょうがない…、
端正な横顔に淫靡な哀愁を漂わせる美少女は、半ムケチンポ特有の匂いに顔をしかめながらプックリした唇で先端を含むと、
男って…、欲望を、抑えられないから…。
自分のことは棚に上げたおバカ妄想に支配され、しゃがんでパンティがプックリ膨らんだアソコに、いやらしい汁をにじませていた。

超絶美女杏奈 (9)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:01:57 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3549-8e559abe
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next