FC2ブログ

== 超絶美女杏奈 ==

超絶美女杏奈 (3)お互いにペッティング

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
超絶美女杏奈 目次

超絶美女杏奈 (3)お互いにペッティング

「あん…」
ああん…、触られてる…。
角田に逆痴漢していた杏奈は、男の手が紺ミニスカに入り込んでパンティの前側から触り出すと、ますます淫乱なひとり遊び気分を昂ぶらせた。

おいっ…、声出すなよ…、
腫れぼったい唇がプルンと揺れて漏れた妖しい吐息にビクついたヘタレ痴漢だったが、
まあいいか…。
ロリっぽい声とズボン越しに息子を愛撫される気持ち良さにニンマリしてヤニ下がると、パンティごと感じる部分に指を食い込ませて前後に行き来させた。

「ん…」
あ、ああ…、
初めて他人から感じる恥ずかしい場所を愛撫された杏奈は、逃げるどころか角田に若い肉体を寄りかからせ、
や…、ああ、感じる…。
膨らんだ股間を手の平でまさぐりながら、恥丘がモッコリした紺ミニスカのオマタを突き出していた。

…、もっと、触らせてやる…。
抵抗しない杏奈を安全パイとみた角田は、紺ミニスカからいったん手を抜くとファスナーを下ろして息子を取りだし、
「優しく触れよ」
ひとりエッチ気分でフワフワした美少女の手に握らせて耳元で笑い声混じりにささやいた。

「ん!…」
これって?…、
温かい半立ちのチンポを直接握らされた杏奈はビックリして一瞬固まり、口に溜まったツバをゴクンと飲み込んだが、
ああ、ホンモノの…、おちんちん?…。
パンティが食い込んだスジが熱くなるのを感じながらドキドキして小さくうなずくと、血管の浮き出たソレをこすりはじめた。

うひひっ、いいぞ、このエロガキ…。
超絶美少女JKのぎこちない手尺に萌えまくる変態は、紺ミニスカを腰までまくり上げると、パンティごと恥丘を手の平で包み込んだ。

はあ…、おちんちん…、
先端が濡れたソレのサオを握ったエロ美少女は、浮揚するようなひとり遊び気分でウットリした笑みさえ浮かべ、
ああん…、おっきく、なってる…。
自らする愛撫で勃起度を高める陰茎に成長過程の女体の芯をゾクゾクさせ、スジに食い込んだパンティをグッショリ濡らしていた。

おっと…。
電車が駅に到着して混雑した車内が混沌とすると、角田は杏里を抱いてドア付近に移動した。

ああん…、
35歳のオッサンにドア付近まで連れて行かれた杏奈は、角田と密着させた下半身に紺ミニスカをまくり上げてパンティが丸出しだったが
抱かれてる…、私…。
角田の筋肉張った腕にガッシリ抱かれて、毎夜のエロ妄想が実現化したことに悦びさえ感じ、パンティが食い込んだピンクのスジを汁気まみれにしていた。

超絶美女杏奈 (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:22:46 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3544-0430a57d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next