FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (177)エースパイロットサヤカ(3)ダメチンポ野郎

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 エースパイロットサヤカ 目次

短編 (177)エースパイロットサヤカ(3)ダメチンポ野郎

「は、はっ…」
極上の女体にありったけの精を吸い取られた若い整備兵長は、少佐殿の厳しい声によろよろ立ち上がると、ダランとした息子をコスって懸命に立たせようとした。

「…、もういいっ、舐めろっ」
ダランとしたままで復活の兆しを見せない陰茎に見切りを付けたサヤカは、開き気味の亀裂の下側から垂れるザーメンに目配せし、ダメチンポ野郎に厳しい一言を浴びせた。

「はっ…」
入営前は数え切れない女をイカせてきたセックス自慢も、サヤカの前では全く歯が立たなかった。
「失礼…」
極上の女体で快楽の頂点を味わった幸福感と、ダメチンポの烙印を押された屈辱感が綯い交ぜになったイイダは、
「します…」
半ベソのみっともない顔を濃厚なフェロモンを発散するムッチリしたオマタに近づけると、自らが注入したザーメンをペロペロ舐めだした。

「んっ…」
負け犬のごとく落ち込んだイイダのクンニに艶めかしい吐息を漏らすサヤカは、
「あ、ああ…」
肉感的な女体がはち切れそうなほど充満した性欲を発散したくて、陰部をなぞるネチョッとした舌先の快感を貪っていた。
「んっ…、もっと強くっ」
なかなか快感の頂点にイケないもどかしさについ声を荒げたサヤカは、イイダの頭を押さえてツバと体液でねちょねちょの口を陰部に押し付ける。

「ひっ」
なけなしのプライドを粉々にされたダメチンポ野郎は、自我崩壊の一歩手前でなんとか踏みとどまり、少佐殿にクンニを捧げていたが
「は、ひいっ…」
厳しい一言にビクンと震えると、とうとう本泣きした。
「ううっ、ひっ、ううっ…」
井の中の蛙のごときうぬぼれを思い知らされたダメチンポ野郎は、柔らかい肉の裂け目からあふれ出るザーメンとツバと涙が混じった汁を懸命に舐め続けた。

「…、もういいっ」
すすり泣くイイダの情けない声に美しい顔をしかめ、嗚咽に揺れる肩を見下ろした全軍トップエースは、怒鳴り声に近い音量で命令解除を告げた。
「ひっ…、しっ…」
全身に響く大音量にみっともなく粗相したダメチンポ野郎は、脱ぎ散らかしたつなぎ服で慌てて床を拭くと、
「失礼、しっ、しましたっ」
ダランとした息子をフルチンしたまま、直立不動の姿勢で敬礼した。

「…」
地球存亡の危機に立ち向かう兵士としてあまりに情けない姿に、ウンザリと言わんばかりにしかめた目線を反らしたサヤカは
「もういいっ、出て行けっ」
魅惑的な女体が張り裂けんばかりに充満する性欲にイライラし、しなやかな指先を上下に振ってイイダを追い払った。

「はっ、はひっ、い、イイダ、整備兵長…」
厳しい一言にまたも震え上がった若い整備兵長は、地面にのめり込みそうなほど落ち込んでいたが、辛い軍務から解放される安心感の混じった情けない顔をさらすと、
「し、失礼致しますっ」
服もろくに着ないまま、ほうほうの体で逃げるようにサヤカの個室から出ていった。

短編 (178)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:10:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3529-d3819d16
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next