FC2ブログ

== おっととしゅうと / しゅうとめとむすこ ==

しゅうとめとむすこ (23)お気楽ご機嫌熟女

ろま中男3 作品リスト
しゅうとめとむすこ 目次

しゅうとめとむすこ (23)お気楽ご機嫌熟女

「あんっ…、知らねえ、から?…」
ひゃんっ…、知らねえって…、どうしちゃったの?…。
娘婿の息子稔彦からバックでムチャクチャに犯されてナカ出しされた美菜は、突然突き飛ばされてワケがわからず布団にオンナ座りしていた。

…、癇癪持ち、だったの?…。
稔彦が美菜を妊娠させるのが恐くなって逃げ出したことなど全く慮外の童顔熟女は、不思議そうな寄り目顔になっていたが、
え…、まさか…、
強く突き飛ばされた肩のジンワリした痛みに、どMな潜在意識をドキドキさせて、
これって、SMプレイ…。
また稔彦のアブノーマル趣味な変態疑惑をもたげていた。

そんな趣味、ダメだって…、
肩のスパンキングに加えて放置プレイ状態のアラフォー熟女は、ザーメンがあふれる花びらの中心からイヤらしい汁を垂らしながら、
教えてあげないと…。
『変質者(だと勝手に決めつけた)稔彦を真人間に戻すぞ』作戦続行の使命感に、ヤケにイレ込んで前のめりになっていた。

でも…、
とりあえずヌルヌルにひしゃげた花びらのスキマから沁み出る白濁液が気になった美菜は、
そのまえに…。
火照ったカラダにカーデガンだけ羽織って風呂場に向かった。その顔はなんだか嬉しそうにニコニコして、足取りも妙に軽かった。

「あ…、ああん…」
んっ…、
シャワーで軽く全身を洗い流した美菜はムッチリ太ももをはしたなく広げてしゃがむと、
あ、ああっ…、
ヌルヌルの亀裂に指を差し込み、クチュクチュとかき回した。

「ん…、あ、ああ…」
あ、あんっ…、
20年ぶりに犯されてトロけそうな成熟した女体の火照りがおさまらない美熟女は、
いっぱい、出てくる…。
鼻にかかったあえぎ声を漏らしながらオナニーまがいの指技を続け、陰門からあふれてくるザーメンにゾクゾクしていた。

「また、借りるわね…」
裸じゃ…、いくらなんでも…、
膣を満たした大量のザーメンもキレイに洗い流してシャワーを済ませた美菜は、
遥香…、ちゃんと洗って返すから、ね…。
バスタオル一枚巻いただけの艶めかしい姿で嬉しそうにまた娘の部屋に忍び込むと、当然のようにセクシーランジェリーを物色しはじめた。

しゅうとめとむすこ (24)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:47:52 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3519-bc1a3428
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next