FC2ブログ

== 正義の味方 ==

正義の味方 (1)正義の味方見参

ろま中男3 作品リスト
正義の味方 目次

正義の味方 (1)正義の味方見参

私は上坂研二。正義と平和を愛する真実の人だ。

私は常々悪と不正が横行する世の中に、やり場のない義憤を感じて煩悶してきた。

しかしひとりで悩んでいるだけでは世の中は良くならない。
そうだ私自らが人として正しい道を、正義の範を垂らすのだ。
昨日カップラーメンをすすりながら、私は正義の道に生きることを決心した。

正義の人となるべく決断した私だが、普段はサラリーマンとして暮らしている。

正義の味方はその高潔な精神から無給であるべきである。
しかし私にも生活があり、日々の糧のために働かなければならない。
クラーク何とかという毛唐も普段は新聞社員として暮らしている。
惰弱な白人の分際で生意気ではあるが、同じく正義を志すモノとしてその殊勝な心がけは認めてやろう。

通勤途上さっそく悪を目撃してしまった。嘆かわしいことだが世の中には悪が氾濫している。
わいせつ物陳列罪である。

「君たち、なんだその格好は、下穿きが丸見えだぞ、日本女性なら恥じらいを知れっ」
通学途中と思われるコギャルのミニスカからチラチラするパンティを目撃した私は、さっそく彼女たちの間違いを正すために親切に忠告してやった。

「なに?…、キモイ、おまえこそ、JKのパンツ見て、興奮してんじゃねえよっ」
「ほんと、きっと童貞の変態ヲタクだよ、やっちゃおうよ」
しかし彼女たちは私の優しい忠告を真摯に受け止めるどころか、破廉恥にも下穿きが見えるのもかまわずに蹴りをくれてきた。

「ひっ、痛い、やめろっ、やめたまえ、君たち、暴力は犯罪だぞっ」
暴力に手を染め、非行に走る少女たちを、正義を信じる者として何とか説得しようと試みた。

「コイツ、弱っちいぞっ、バーカ、きゃははっ、おらおら…」
「ホント、バカじゃねっ、チョーシ、こいてんじゃねえぞ」
彼女たちは私の高貴な体を足蹴にするどころか、的外れな罵詈雑言を並べ立てて侮辱までしてくる。

「ほら、パンツ、見せてやるぞ、うれしいかっ」
それどころか恥知らずにも自ら下穿きをさらして私に見せつけてくる。

「ひいっ、やめなさいっ、痛いっ、あうっ、ああっ…」
正義は、常に虐げられる運命にあるのか、…。
非行少女たちから受ける暴力で、全身の痛みがジンジンした熱さに代わり、不覚にも意識が朦朧としてきた。

「うえっ、ハナヂ出してるよ、キモッ、もう行こっ」
「ホント、キモイんだよ、変態ペド野郎っ、でも、いい運動になったね…」
私は薄れていく意識で少女たちの嘲笑を聞いていた。

少女二人に一方的にタコ殴りされた上坂は、とうとう耐えきれずに失神した。

「…、まちなさあい…、待なさあ~い、許さないんだからあっ」
JKの暴力に意識を失った上坂はしばらくグッタリして地面に倒れていたが、白目を剥いたまま幽鬼のごとく立ち上がり、
「月に変わって、お仕置き、よおっ」
どこかで聞いたようなセリフを、不気味なおネエ言葉で口走っていた。

正義の味方 (2)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:04:37 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3513-ecc179c6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next