FC2ブログ

== おっととしゅうと / しゅうとめとむすこ ==

しゅうとめとむすこ (11)ランジェリー

ろま中男3 作品リスト
しゅうとめとむすこ 目次

しゅうとめとむすこ (11)ランジェリー

「そうだ、ノド渇いたでしょ、何か冷たいモノ、もってくるわ、ちょっと待ってて」
やだ、そんなに見ないで…、
布団をひいてバスタオルのスソからお尻を見せる美菜は、
そうだ、ちょっと頭を冷やしてもらお…。
ギラギラした目で凝視する稔彦の淫らな視線に気詰まりして、適当な口実で逃げ出した。

やだ…、
キッチンでジュースをコップに注ぐ純情熟女は、オマタに手を伸ばしてヌルヌルに触れると、
こんなに…、
年甲斐もなく恥じらって子供っぽい顔をピンクに染めた。
何か、着たほうが、いいわ…、
バスタオルだけの破廉恥な姿で思春期の少年を必要以上に刺激するのを気にした美菜は
遥香、借りるわね…。
娘の部屋に忍び込んで再び下着を物色した。

あら…、また、こんなの…、
下着がつまったチェストを探って夜の夫婦生活用の扇情的なランジェリーを見つけた美菜は、少年を刺激しないという当初の目的を忘れ、
ちょっと、借りるわね…。
エッチな下着にワクワクしていた。

こんなの着て、龍彦さんと…、
黒レースのスケスビスチェと揃いのGストリングTバックパンティを身につけた美菜は、
私も、まだ捨てたモンじゃないわね…。
妙にウキウキしてキッチンに行くとジュースを持って寝室に戻った。

「…、ジュース、飲んで…」
やあんっ…、見てる…、
寝室で待ってる間にエロ妄想を廻らせていた稔彦は、ドアを開けたセクシーランジェリー姿の童顔熟女に目を見張り、
すごい、興奮してる…。
前のめりにハアハアと荒い息を響かせていた。

「…、え…」
く、食い込んでるよ…、
パンティの腰ヒモが食い込む淫靡な肉のシワに見入った変態DKは、
えっ…、ジュース?…、飲むのか?…。
ラブジュースを飲んでくれと言われた気がして、美菜の女性器にしゃぶり付く妄想をしてますます昂ぶった。

「ここに…、置くわね…」
やあん…、襲われちゃう…、
エロオーラ全開でジリジリと迫ってくるエロDKに、GストリングTバックパンティが食い込んだ媚肉を濡らす淫乱熟女は、
とりあえず…、落ち着いてもらわないと…。
小机にジュースを置いてニッコリ笑った。

くっ…、飲んでやるっ…。
スケベな欲望が爆発寸前の稔彦は、カワイイ笑顔にはぐらかされた気がして癇癪を起こし、冷えたコップを乱暴にわしづかみして一気飲みした。

やん…、興奮、してる…、
ゴクゴクと忙しく上下するノドボトケを伏し目がちに見る美菜は、股間のヌルヌルが垂れるのを意識し、胸のドキドキがうるさいほど鼓膜に響くのを感じていた。

…、いよいよだわ…、しっかりするのよ…、
これからするエッチなサービスを思って、息苦しい緊張感に襲われた美菜は、
遥香のため…。
ハアハアとうわずった吐息に合わせ、ワンサイズ小さいビスチェからあふれそうな上乳を妖しく波立て、
家族の…、この子のため…。
『変質者(だと勝手に決めつけた)稔彦を真人間に戻すぞ』作戦遂行を誓って、合わせた手を豊満な胸の谷間にギュッと押し付けていた。

しゅうとめとむすこ (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 17:10:26 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです





        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3489-6e8d9535
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next