FC2ブログ

== おっととしゅうと / しゅうとめとむすこ ==

しゅうとめとむすこ (7)美菜の手コキサービス

ろま中男3 作品リスト
しゅうとめとむすこ 目次

しゅうとめとむすこ (7)美菜の手コキサービス

「お風呂…、入ろうか?…」
ああん…、恥ずかしい…。
稔彦に抱きつかれて性的な高揚感で肉感的な女体を熱くする美菜は、Tバックパンティが食い込んだオマタを湿らせ、ムッチリした太ももをモジモジさせていた。

「あ…、そうだね…」
ホントに、いいのか…。
義理の祖母とスキンシップして打ち解けた様子を見せる稔彦が、反り上がる息子で膨らんだトランクスを下げようか躊躇していると
「お先に…」
なんの外連味も無しにスッパになった美菜が、ニッコリ笑って浴室に入った。

「あ…」
かっこいい…、ケツ…、
年齢相応の衰えを見せないキュッと締まった肉感的なヒップに見とれた思春期の少年は、
はっ、いくぞっ…。
我に返ると慌ててトランクスを脱ぎ、鼻息を荒くして浴室に飛び込んだ。

「座って…、洗ってあげる…」
いよいよだわ…、
スケベイスならぬ風呂イスの前にひざまずいた全裸の美菜は、SM趣味の変態少年(と勝手に思い込んでいる)稔彦に妖しく笑ってイスに目配せした。
ちゃんとしなきゃ…。
思い込みの激しい勘違い熟女は、少年を正しい男女恋愛の道に導く使命感に燃えていた。

「はあ…、んっ、うん…」
これじゃ、ソープだよ…。
ニッコリ笑う義理の祖母がフェロモン全開の泡姫にしか見えないスケベ少年は、ナマツバを飲み込んでめいっぱい膨らんだ股間を隠すと、背中を向けて遠慮がちに座る。
「うふふっ、気持ち、いい?…」
ちょっとエッチ…、
艶めかしい曲線を描くカラダにボディーソープを塗りたくった美菜は、
かしら?…。
少年らしい肉付きの薄い背中に抱きつくと、豊満な乳房を押し付けてボディ洗いをはじめた。

「う…、は、はい…」
こすってるよ…、乳首が…、
泡だらけの背中を上下する硬くなった乳首に興奮する少年は、現実化した妄想に上機嫌でだらしなく顔を緩め、
ホント、いいのか?…、はあ、きもちええっ…。
天井を向いた息子の先端をヌルヌルの汁で濡らしていた。

「そう…、ここも、してあげる」
あんっ、固い…、
勘違い熟女は諸悪の根源と考える変態少年の勃起したソレを腰に回した両手で握ると、子宮をキュンとさせたが、
ココをコスって…、出しちゃえば…。
当初の目的通りシュッシュッとコスリはじめる。
「うあ…、あ、ああっ…」
へっ?…、あ、ああっ、いいっ、ああっ…。
艶めかしい女体を押し付けられて手コキされる稔彦は、天にも昇る気分で義祖母のエロサービスに身を任せた。

「うふっ、いいでしょ…」
いっぱい、出してね…、
いきり立つ肉棒を優しくコスリながら、義理の孫を正しい恋愛に導くためと自分に言い聞かせる美菜だったが、
やあん…、うっとりしてる…、
気持ち良さそうにうわずった吐息を漏らすエロガキの横顔を見て甘えた声を漏らす。

はあん…、なんか、変な気分…。
エッチな気分で妙に嬉しくて懸命に手コキを続ける淫乱熟女は、20年も男性を拒否してきた女性器のスジをかすかに開き、ヌルヌルした汁で満たしていた。

しゅうとめとむすこ (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:30:32 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3485-9ac66782
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next