FC2ブログ

== おっととしゅうと / しゅうとめとむすこ ==

おっととしゅうと (4)発狂しそうな絶頂

ろま中男3 作品リスト
おっととしゅうと 目次

おっととしゅうと (4)発狂しそうな絶頂

「そろそろ…、入れてやる…」
息子の嫁に亡き妻の面影を見て快感の絶頂にイカせまくり、ご満悦の辻雄は固く勃起した分身を自慢気にコスって、濡れた花びらにあてがった。

「あ…、ひっ、ひゃっ、ひゃらあっ、あっ、ああっ…」
あぐう…、は、はいって…、ぐっ、ぐるうっ…、
潤沢な潤滑油で満たされた女陰は、義父の肉棒をあっさり受け入れた。
お、おっきいっ…、
膣粘膜をかき分けて侵入してくるデカマラに、首の骨が折れそうなほどのけ反った淫乱妻は、
じっ、死ぬうっ…。
夫とのセックスとは比べものにならない快感にもだえ、淫らによがり狂う。

「んうっ…、い、いいぞっ…」
過度の快感に収縮した膣にキツク息子を締め詰められたウツ病患者は、嬉しそうなうなり声を上げて、腰をゆっくりと振り始めた。

「あっ…、ああっ…、ら、ひいいっ、らめえっ…」
ひっ、いいっ…、こ、壊れちゃうっ…、
夫のせわしないセックスとは異質の、膣壁がゆっくり引きちぎられるようなゆったりした挿入の快感にのたうつ志津枝は、
あ、たる…、死ぬうっ…。
デカマラで子宮口をコンコンされるたびに、汗がにじんで妖しくテカる熟れた女体をビクビク緊張させた。

「んおっ、静恵っ…、おおっ…」
体液でヌルヌルに濡れた女体にのしかかって腰を振る還暦間近い男は、息子に絡みつく粘膜の快感に酔って徐々に腰の回転を速めた。

「あ、ああっ、お、お義父さん…」
ひっ、いっ、いいっ…、
義父のビッグサイズに慣れてきた志津枝は、膣が張り裂けそうな痛み混じりの倒錯した悦びに、
あうっ、ぐ…、も、もっとおっ、してえっ…。
熟れた女体を艶めかしく踊らせ、享楽的な快感を貪欲に求めていた。

「おおっ…」
苦しそうなアヘ顔が妖しく笑うのを見て裏スジをビクンとさせた辻雄は、ヌルヌルした張りのある乳肌を揉み砕く。
「いいかっ」
熟れた女体のトロけそうな快感にどっぷり浸かり、汗にまみれた顔をだらしなく緩めて腰をガシガシ振った。

「い、いいのっ、ひっ、あひいっ、ナカに、しっ、してえっ」
いっ、いいのっ…、あ、あひいっ…、
発狂しそうな快感にのたうちもだえる淫乱妻は、ケダモノじみた有性生殖行動にのめり込み、
ナカに、ひぐっ…、してえっ…。
汗がダラダラ垂れるきめの細かい柔肌を忙しく波打たせる。

「うっ…、いっ、いくぞっ…」
何度目かの絶頂に突きあげられた女体がデカマラをギュウウッと締めつけた。裏スジにビリッと電流が流れたような衝撃を受けた義父は、ナカ出しを宣言して思いっきり腰を押し付けた。

「いぐっ…、ひっ…、ひゃ、らあっ…」
ひっ…、あぐっ…、
膣奥まで侵入したデカマラに子宮口をこじ開けられた女体は、子宮にドビュドピュ注入される熱い白濁液に陵辱される強烈な絶頂に襲われ、
んううっ…、ど、ドクドク、してるうっ…、
緊張した四肢のこわばったつま先で布団をかきむしり、汗まみれの柔肌をビクビク痙攣させる。
んああっ…、してるうっ…、
目鼻口から体液を垂れ流すアヘ顔を淫靡にゆがめ、甲高い断末魔のあえぎ声を純和風の寝室に響かせていた。

おっととしゅうと (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:59:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3468-9da0776f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next