FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (47)地下鉄ホームのスマタオナニー

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次2

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (47)地下鉄ホームのスマタオナニー

「うふわっ」
自ら恥ずかしい姿をさらした希の官能的な女体にケダモノになった少年だったが、「だめえ」と言う声に反応したのか、大口を開けたクンニをやめた。

「ふわあっ」
恥部嬲りはやめたが柔らかい下腹部に顔を押し付けたオナニー少年は、ガシガシと息子をコスり続け、
「あふっあふっ」
静脈が浮き出た透き通るような白い肌を、口と舌でねぶりながら徐々に立ち上がってきた。

「あ…、ん、ああ…」
あ、ああんっ…、
お尻に回した手が徐々に上がって、艶めかしい曲線に張り付いたニットワンピをズリ上げていく。
そ、そこ、おへそ…、
キュッとしたくびれまでまくり上げられ、お腹から下をムキ出しにされた淫乱奴隷妻は、ツバでネチョネチョの舌先でヘソのアナを嬲られ、
舐めないでえ…。
背骨の浮き出た背中を緊張させ、イヤらしい蜜が幾スジも垂れたナマ太ももをピクピクさせる。

「ふがっ、あぐっ」
下乳のふくらみに顔を到達させたエロ少年は大げさに鼻息を鳴らすと、首の下までニットワンピをがむしゃらにズリ上げた。
「んちゅっ、ちゅううっ」
プルンと揺れた飛び出しすぎの乳首を目の前に見たオナニー少年は、息子をコスる手をいっそう早め、破廉恥な音を立てて吸いまくる。

「あ、ああっ、い、ああっ…」
はああっ…、おっぱい…、
めいっぱい口を開けたオナニー少年に乳房の半分も吸引された希は、
吸われてるうっ…。
忙しく手を動かす少年の頭を抱えて官能的な女体を淫靡に踊らせる。
「んぐっ、あふっあふっ」
豊満な胸に顔を埋めて熱い湿った吐息を柔肌にまき散らす変態オナニー少年は、腰を引いてガシガシコスっていたが、
「ぐあっ、あうっあうっ」
熱帯雨林なオマタにネチョネチョに濡れた息子をスマタに挿入すると、ほぼフルヌードの体に抱きついて腰をガンガン振った。

「あ、あんっ、は、ああっ」
やっ…、あ、たるっ…、
淫乱奴隷妻は反り上がろうとするカリに、開きかけのスジを満たす蜜をかき出されていた。
はっ、ひっ、ひいっ、ひうっ…。
スジを行き来するソレがネットリしたしぶきを飛ばし、白い突起の包皮を剥き、膣の入り口を小突く。

「やっ…、あ、ああっ…」
あんっ、あっ、ああっ…、
感じる部分を間断的に攻められた女体が妖しくうねり、官能的なあえぎ声を漏らす。
あたって、るうっ…。
オナニー少年のがむしゃらで偏執的な愛撫に翻弄された希は、ただれた官能の悦びにまみれてヨダレを垂らしたはしたないアヘ顔をさらしていた。

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (48)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:34:26 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3463-8ef2d069
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next