FC2ブログ

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (41)美有と交替

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (41)美有と交替

「先生が、男女ペアで人工呼吸の練習、しろって」
オマエらも、楽しめよ…。
スケスケ水着の姫乃の魅惑的な女体を堪能した雅人は、うわずった吐息で股間を膨らませた同級生たちにも楽しみを分けてやろうと、デタラメを口走った。

「おおっ」
海パンから息子をコンニチワさせていたやりたい盛りの少年たちは、前から目を付けていた女子や、手近にいた女子を押し倒して人工呼吸の名を借りたセックスをはじめた。
「やだあっ、やっ、やめてえっ」
ケダモノになった男子たちの餌食になった女子の悲しそうな悲鳴があちこちでしたが、一部のカップルからうれしそうな嬌声が聞こえていた。
「やあんっ、なんで、脱がすのおっ」
耕助に押し倒された朱里はキツイ競泳水着をズリ下げられて、丸出しにされた形のいい乳房を吸われ、抵抗するそぶりを見せながら気持ち良さそうな声を漏らしていた。

「らっ、だめえ…、みんな、やめてえ…」
やらあっ、みんらっ…、らめよおっ…。
オレに感じる部分をイジられて意識のはっきりしない姫乃は、プールサイドが乱交の場になったのを見て、慌てて制止しようとして起き上がった。
「ああっ…、らっ、らめえっ…、い、いっちゃううっ…」
ひいっ、ら、らめえっ…、そ、そこおっ…、あ、ああっ…。
騒がれるとまずいので汁気まみれでトロトロのアソコを思いっきりかき回してやると、姫乃はあっという間にイッてハダカ同然のカラダをビクッと震わせ、ピュッと潮を吹いて意識を無くした。

「変態…」
イカした美人教師の艶めかしいカラダを眺めて一息ついていると、後ろから意地の悪そうな声がした。
「…、なんだよ」
ちっ、コイツかよ…。
競泳水着で発育過多の女体を押し潰された美有が、腕を組んで見下ろしていた。
「先生、日陰につれていってよ…、日に焼けたらかわいそうでしょ」
オレの冷たい視線を無表情に受ける美有は、人気者の美人教師を気遣っていた。
「は?…、ああ…」
なに?…、命令すんなよ…、しょうがねえ…。
美有の強気の態度が気に入らない雅人だったが、姫乃が日焼けで真っ黒になるのは見たくないので、グッタリしたカラダを抱き上げて日陰に連れて行った。

「シテよ…」
日陰にベンチに姫乃を寝かせて私物らしいパーカーをスケスケ水着に掛けてやると、相変わらず無表情の美有が甘えた声を漏らした。
「何を?…」
コイツ…、何様のつもりだ?…。
雅人を彼氏扱いしているような美有に、心のひだがチクッとささくれ立つのを感じた雅人だったが、海パンからコンニチワする息子には勝てず、
「わかったよ」
応えないで黙って腕を組む美有に抱きついて、チューした。

「ヘタクソ…」
黙ってキスを受けた美有は唇が離れると平坦な声で憎まれ口を叩いていたが、潤んだ大きな目が淫靡な鈍い輝きをたたえて、雅人のオスを誘っていた。
「へっ…、してやるよっ」
このアマ…、もだえさせてやるっ…。
発育過多少女の競泳水着姿に劣情をもよおした変態は、後ろから抱きついて膨らんだ股間をお尻のワレメに押し付けながら、肩ヒモをズリ下げてナマ巨乳を揉みはじめた。

「気持ち…、よくないよ…」
欲情した雅人の好きにさせる美有は相変わらず憎まれ口を叩いていたが、その声には明らかに甘えた響きが混じって、ハイレグに引き上げられた食い込み股間にムッチリ太ももをすりあわせていた。
「そうかよ…」
このおっ…、かわいくねえな…。
競泳水着に引き絞られた豊満な女体に抱きついた雅人はハアハアと息を荒くして、ビンビンの息子をお尻のツルツルしたラインにすりつけながら、手の平に余る乳房を揉み砕いていた。

美有姫乃雅人 (42)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:57:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3400-e58d5eab
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next