FC2ブログ

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (39)抱き合う教師と生徒

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (39)抱き合う教師と生徒

「やだあっ、耕助、やらしっ」
競泳水着で女性らしい凹凸をエロく締めつけられた朱里は、耕助のあからさまなセリフをうれしそうにはやし立てる。つきあってはいないようだが朱里は耕助に恋心を抱いているらしい。

「そ、そうよ、変な想像しちゃ、だめよ」
セックスじゃ、ないのよ…、でも…、
朱里にあわせてなんとかごまかそうとするオトボケ美人教師は、ムキ出しのオマタに食い込む固い昂ぶりにドキドキしていたが、
なんで私、坂井くんに?…。
雅人にまたがっているこの状況がまだ理解出来ずに、なにがあったのか思い出そうとしていた。
「ところで大山は?…」
人気者の美人教師をからかうことに若干の後ろめたさがあった耕助は、ニコニコする朱里を気にして矛先を変えた。

「あ…、大山先生は、お休みなの…」
そうだった…、
相変わらず雅人にムチムチ太ももを押し付けてまたがるはしたないポーズをさらす姫乃は、筋肉バカに襲われそうになって逃げ回ったあげくに投げ飛ばした事を思いだし、
大山先生に…、襲われそうになって…。
プールサイドの隅にあるブルーシートをチラ見して、とっさにウソをついた。

「そうなのっ、やりいっ」
口うるさく暑苦しい筋肉体育教師にウンザリしていた男子は、美人教師のデタラメにいっせいに歓声を上げた。
「そう…、だから、今日は男女合同よ」
ゴメン…、ウソなの…。
口からデマカセをあっさり信じ込む単純な男子に少し罪悪感があったが、
「きゃあっ、いやああんっ」
合同授業を告げると今度は女子からも、うれし恥ずかしな黄色い歓声が上がった。

「(せんせい、人工呼吸…)」
姫ちゃん、ウソ、つき通せよ…。
盛り上がる男子女子たちと対照的にまだドキマギしていた雅人は、モッコリに密着する濡れた肉を軽く突きあげ、なんだかホッとして表情を緩める姫乃に小声で促した。
「あっ…、うん、これから、人工呼吸をします…、大切なコトだから、よく見て覚えてね」
あ、あんっ…、やん、恥ずかしい…、
濡れたスジを固い昂ぶりで刺激された姫乃は思わずうわずった声を上げた。
そうだった…、あっ、坂井くんに…、
しかしすぐに気を取り直して人工呼吸の実演を生徒たちに告げた姫乃は、雅人から乳首を引っ張られたことを思い出し、
あっ、やあんっ…。
かすかに痛みを帯びた胸をチラ見してスケスケになっていることにやっと気付いた。

「せんせい、早くしろおっ」
美人教師の裸体同然なスケスケ水着にスケベ妄想を膨らませる、やりたい盛りの男子が無責任にはやし立てる。
「うん…、まず心臓マッサージします、両手を合わせて5回押して…」
やだ、恥ずかしい…。
スケスケ乳首を気にして猿手に脇を締めて胸を隠す姫乃は、雅人の胸を5回押すと
見えちゃう?…、
ムキ出しのオマタとモッコリが生徒たちに見られないように股間を密着させた状態で、雅人に抱きつくと口を合わせた。

「うひいっ、すげえっ」
雅人に抱きついてキスする美人教師に、海パンを盛り上げた男子たちから歓声が上がる。
「きゃあっ、せんせい、大胆っ」
積極的な姫乃に女子たちからも黄色い歓声が上がって、競泳水着に締めつけられた成長途中の女体をエッチに揺らしていた。

や…、だめえ…、舌…、
生徒たちの手前、平気なフリをしていたが、口を合わせた瞬間に入り込んできた舌で口腔内の粘膜をベロベロ舐め回された姫乃は、
入れないでえ…、ああ、感じちゃう…。
モッコリに密着させた柔らかい肉裂け目を、妖しい媚薬の効き目でいやらしい汁でビショビショにしていた。

美有姫乃雅人 (40)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:27:43 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3398-8c09afc7
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next