FC2ブログ

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (37)プールサイドでナマ挿入?

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (37)プールサイドでナマ挿入?

「ちょっと、待って、すぐに取るから」
うひょおっ、おもしれえっ…。
抱きついてくる生温かい弾力に鼻息を荒くして海パンの股間をビンビンにした変態は、オマタに手を差し入れて、淫靡なシワから溢れるヌルヌルを指に塗り付けていた。

「あっ…、だっ、だめえっ…」
やっ、だ、だめえっ…、かっ、感じちゃううっ…。
変態生徒の指先にもてあそばれた魅惑的な女体は、フェロモンムンムンの脚線美をガクガクさせ、両手を雅人の首に回してすがりつくのが精一杯だった。
「なかなか、取れないなあ…」
うひひいっ、たまらんっ…。
上目遣いの切なげな表情で見上げる姫乃にますます欲情した変態は、股間に食い込むスケスケ水着をズラし、ヌルヌルの媚肉を直接イジリはじめる。

「や、やあ…、あ、ああっ…」
だ、だめ…、
変態生徒の稚拙な指マンに、中国3000年の歴史という妖しい媚薬の効いた女体は淫らに反応していた。
そこ…、ああっ…、い、いいっ…。
肉の合わせ目から顔を出した白い突起を指でコスられた姫乃は、愛液でヌルヌルの内マタに合わせた太ももをブルブル震わせ、かろうじて雅人に抱きついていた。

「うう…、とれないぞ」
くううっ…、イヤらしいぞ、姫ちゃん…。
勃起した乳頭をイジりながらアソコのマッサージを続ける変態は、だらしないアヘ顔を見せる美人教師に劣情を昂ぶらせて押し倒した。
「あんっ、や…、あっ…、ああっ…」
やんっ…、ああ、や、だめえ…、
コンクリート地の床に寝かされた姫乃はピンク色に染まった意識で、クチュクチュとイヤらしい音を聞いていたが、
あっ、いっ、イッちゃ、ううっ…。
ハダカ同然の体をビクンと緊張させてエクスタシーに達すると、ムキ出しにされたスジからピュッと潮を吹き、四肢をビクビク震わせていた。

「…、イッちゃった?…、せんせい…」
うひいっ…、ヤラシイぞ、姫ちゃん…、
また快感の絶頂で意識を無くした美人教師のエロかわいい姿にハアハアと息を荒くし、動物的衝動に襲われた変態は、
やっちまうか…。
今日2回目の本番を妄想して股間をビンビンにしていた。
「じゃあ、オレ様のオチンチンを…」
姫ちゃん…、ズコズコしてやるから…。
ケダモノじみた性欲にまみれた変態生徒は、ひざを立たせてムッチリ太ももを開くと海パンからコンニチワした息子を、濡れて亀裂に押し付けた。

プールだ…、今年…、初めて…。

えっ?…、
ヌルヌルの肉の合わせ目に勃起チンポをすりつけて、いよいよナマ挿入というその時に他の生徒たちがやってくる声を聞いた雅人は、
や、ヤバイ…。
あわててグッタリした女体を抱き上げ、太ももを広げた姫乃が自分の股間にまたがるように体を入れ替えた。

美有姫乃雅人 (38)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:36:07 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3396-d2bf9d8c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next