FC2ブログ

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (20)美人教師ストリップ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (20)美人教師ストリップ

「私が?…、うそっ」
ケガって、私だったの?…、
調子の悪そうな雅人がてっきりケガをしていると思い込んでいた姫乃は、自分のことだと指摘されてどこにケガをしているのか探した。
え、どこに?…。
ベッドの横にしゃがんだ美人体育教師はたっぷりプリンな胸をユサユサさせ、カラダのあちこちに視線を泳がせていた。

「先生、後ろ向いて…」
うひひっ、どうして、姫ちゃん…、こんな、おバカなんだ…。
デマカセをすぐに信じ込むうっかり美人教師に笑いがガマンできない雅人は、肩をかすかに震わせて顔を伏せていた。
「あ、うん…」
後ろなの?…。
素直な体育教師は自分から見えない所なのかと思って、しゃがんだまま素直にくるりと体の向きを変え、雅人に背中を見せた。

「…、お尻上げて」
姫ちゃん、簡単すぎ…、く、く、くううっ…、信じすぎだろ…、
上出来すぎる思い通りの展開に笑いがこらえられず、柔らかい曲線を見せる背中からお尻にイヤらしい視線を絡ませながら、ゆるんだバカ面をさらした雅人は
落ち着け、オレ…、いま、雅人せんせい様が…、診察してあげますよ…。
心臓のドキドキがうるさいくらい鼓膜に響いて、声がうわずってしまわないように慎重に声をかけた。

「え…、うん…、これでいい?」
お尻に、ケガ?…、いつのまに?…。
雅人がお医者さんごっこのイヤらしい妄想をしているとはみじんも疑わない素直な姫乃は、心配してくれているカワイイ生徒に感謝さえして、言われるままにお尻を上げた。
「…、見えないな…、ちょっと、スカート上げてみて…」
はううっ…、いいケツ…、
しゃがんだ姿勢から器用にお尻だけ上げて生まれたての子馬のようなポーズを取る姫乃に、バカ笑いしそうなのをこらえた雅人は、
落ち着けよ、オレ…。
フレアミニから見えそうなセクシーヒップを想像していたが、かすれ気味の声に若干焦って、セクハラまがいの指示をした。

「スカート?…、あ、うん…」
そんなこと、しちゃうの?…、
自ら下着を見せるようなはしたない振る舞いに抵抗を感じたが、
でも、心配してくれるんだし…
素直で善良なそしてお人好しの美人教師は、ケガの心配をしてくれる雅人の善意を信じ、床に片手をつくとフレアミニのスソをつまんで少しめくり上げた。

ぐううっ、エロいぞ、姫ちゃんっ…、
うっすらと青い静脈の存在を示すヒザ裏の透き通る白い肌から、
はっ、かはあっ、たまらんっ…。
成熟した女の色香を漂わせ、うぶ毛さえないスベスベムチムチ太もも太ももまでゆっくりと視姦した変態DKは、エロエロ妄想で頭が爆発しそうなほど興奮していた。

「み、見えないよ…、もっ、もうちょっと、めくって…」
はあ、はあっ…、もっと、めくるんだよおおっ…、
ヒラヒラしたフレアミニを中途半端につまみあげてお尻を突き出す美人体育教師の後ろ姿を、興奮した吐息にまみれて血走った目で見つめる変態は、
うおおおっ、姫ちゃんストリップだあっ…。
太ももの上にある艶めかしいヒップの期待でうわずってしまいそうな声をなんとか抑え、さらにエッチなリクエストを重ねた。

美有姫乃雅人 (21)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:25:47 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3379-1d028944
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next