FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (134)白い憎悪(9)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 白い憎悪 目次

短編 (134)白い憎悪(9)

「は、はい…」
前からのご奉仕を命令された美加は逆らう気力など全くなく、
「わかりました…」
広げたマタの間に勃起した粗チンから目を反らすようにしてヒザをつくと、アワにまみれた胸の控えめなふくらみを六郎にこすり付ける。

「おい、ちがうだろ」
胸だけ突き出してボディ洗いをする美加の、腰の引けた姿をバカにするように笑いながら、
「脚ひろげて、またがれよ」
変態ヘタレ大学講師はまだ女の悦びも知らないいたいけな美少女に、はしたなく脚を広げてまたがるように命令した。

「え…」
そんな恥ずかしいコトは出来ないと思うのと同時に、
「は、はい…」
秘密を握ったこの男に逆らえないとイヤでも思い知らされている美加は、うなだれながら脚を開いて変態の股間にまたがった。
「おお、いいぞっ」
ほとんど陰毛が生えてない局部の幼いピンク色のスジをいやらしい目で見た変態は、
「ほらっ、カラダを上下させろ」
抱きついてくる美加の若々しい素肌のしっとりスベスベした感触にバカ笑いした。

「うう…」
そそり立つ粗チンが柔らかい肉に食い込む嫌悪で身震いする美加は、それでも言う通りにして悪寒に震えるカラダをこすり付けていた。
「美加はホントにカワイイなあ」
張りのあるスベスベしたお尻を抱えた六郎は倒錯した変態欲情に笑いながら、さっき犯した尻アナに指を入れた。

「や…、やああ…」
直腸まで食い込んでくるイヤらしい指先に、恥ずかしい排泄器官を陵辱されたおぞましい記憶が蘇ってくる。ますます体が震えて嘔吐感までこみ上げてきたが、美加は懸命にガマンしてボディ洗いを続けた。
「こっち向け、チューしてやる」
顔を背けて体をこすり付ける美加をムリヤリ自分に向かせた六郎は、カワイイ唇に吸い付いて舌を差し込んだ。

「うっ…、うええっ…」
ヌルヌルして気持ち悪い舌に口腔内を舐め回された美加は、その舌がさっきお尻にこびりついたウンチを舐めたと思ったとたん、ノドに酸っぱいモノがこみ上げてきた。
「ぐっ…、うええっ、きたねえなあ、ウンチの次はゲロかよ」
酸っぱい味に思わず顔を離した六郎は、カワイイ口からあふれて控えめな胸に垂れる胃液混じりの半液状物体を見て、ワザとイジワルに言っていた。

「うっ、ご、ごめんらは、い…」
口からだらしなく体液を垂らした美加は、恥ずかしくてミジメで情けなくて死にたい気持ちだったが、鼻水まで垂らしてさめざめ泣いていた。

短編 (135)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:20:03 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3316-b2795c1e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next