FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (127)白い憎悪(2)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 白い憎悪 目次
短編 (127)白い憎悪(2)

うけけっ…、注入、開始っ…。
カバンから小さなピンク色のソレを取りだした六郎は先端のキャップを指先で弾くと、パンティを脱がして丸出しのお尻の中心部に押しつけた。

えっ…、な、なに?…。
菊門の中心部にネジ込まれる何かに若い女体を緊張させた美加は、シワの寄ったソコにムリヤリ侵入した先端から冷たい液体が注入された。
うひっ…、ひいっ…、
満員電車での痴漢行為に興奮して鼻息をスピスピ鳴らしたヘタレ大学講師は、
は、はあっ…、ま、まだまだ、だぞ…。
現役女子高生にイチヂク浣腸を注入する変態行為に、気絶しそうな異常な倒錯した昂ぶりを感じていた。

ひっ…、や、やだあ…、
お尻のアナにネジ込まれた細い先端から発射された、直腸に沁みるグリセリン50%液に嘔吐感を伴う寒気に襲われる美少女は、
ひんっ…、気持ち、悪い…、たすけて…。
満員電車で恥ずかしい粗相をしないように、ノドにこみ上げてくるなにかを懸命にこらえていた。
ほら、2本目だ…。
ただ身を固くするだけで抵抗しない美少女を見下ろし、どSな加虐色欲にまみれてゾクゾクする変態ヘタレ講師は、2本目を注入した。

ああっ…、やっ、やだ…、
緊張した尻アナからいったん抜かれた細い先端がまたネジ込まれ、冷たい液が体内に侵入する。
はあっ…、たすけて…、やだあ…。
なんでこんな目に遭うのかわからない美加は大きな目に涙をいっぱいに溜め、ただただこの非現実的な卑猥な仕打ちが終わることを願っていた。

うひひいっ…、これで、最後だぞ…。
イチヂク浣腸2本を注入し終わった変質者は、最後一本を取り出すと浣腸液に濡れた尻アナにネジ込んだ。
やあ…、お願い、ああ…、もうやめてえ…。
3本目は若干からだが慣れてきたのか最初ほどの嘔吐感はなかったが、こんな惨めな仕打ちに涙があふれて、ドアに寄りかかる美加はポロポロ涙をこぼしていた。

うきいっ、ど、どうだっ…、楽しませて、貰うぞっ…。
ここまでしても一言も漏らさない美加に上機嫌で図に乗った変態は、ふくれあがった粗品を取り出すとお尻のワレメに押しつけた。
やっ…、いやあ…、もう、やめてえ…。
紺ミニスカをまくり上げられた生尻のワレメに、人並み以下の勃起チンポを押しつけられた美加は、カウパーで先端を濡らしたソレの正体をなんとなく理解し、気持ち悪いおぞましさにますます涙をこぼす。

はううっ…、たまらん…、
満員電車で誰に見られているかわからないのに、異常性欲に支配された変態講師は尻タブに圧迫される息子の気持ち良さに鼻の下を伸ばし、
生意気に…、ふくらませて…。
高校に入学したばかりのセーラー服美少女の胸に手を当て、成長途中で控えめな胸の柔らかい感触を楽しんでいた。

短編 (128)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:40:37 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3309-a842143a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next