FC2ブログ

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (39)早漏の2発目

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (39)早漏の2発目

「ぐうっ、うへえっ…、出るっ」
某アニメキャラコスプレ美少女を秋場のひとけのない袋小路に連れ込み、野獣のような性欲に任せて陵辱していたカメラ小僧は、見事なヘタレっぷりで早漏な暴発してナカに直接出した。

「あ、や、ああ…」
や、やだあっ、出したあっ…、
ヒダミニスカをまくり上げてのしかかる変態に自慢のお尻を突き出したマユは、ナカで暴発する熱い白濁液に、スリムな女体を震わせてコスプレブレザーを切なげに波立たせたが
ち、ちがう、これは夢だから…。
まだこの悪夢を白昼夢だと自分に言い聞かせ、純潔な乙女の自分を懸命に保とうとしていた。

「んふーっ」
いきり立った半ムケチンポをドクドクさせて激しく陵辱しても、前髪が乱れない美少女にたっぷり種付けした変態は、
「よ、良かっただろおっ」
ツインテールに荒い吐息を吹きかけていい匂い嗅ぎながら満足そうな声を漏らしたが
「まだまだだぞ」
縞ハイレグパンティの魔力に魅入られた女日照りのキモヲタの異常性欲は、このくらいでは満足しなかった。
「おらあっ、おうおうっ…」
生まれてこのかたリアルな女性に縁のない生活を送ってきた変態は、たっぷり溜め込んだ精力で半ムケチンポがしぼむ間もなく復活させ、すぐに抜かずの2発目を開始した。

「ああっ…、いやあっ、ああんっ、はあっ…」
ま、また?…、もう、やめてえ…、夢?…、
ザーメンと愛液でグチャグチャになったピンクの媚肉を広げて出入りする半ムケチンポに、マユはセクシーな湿った吐息にまみれてもだえていたが、
はあっ、そうよ、ああっ、夢よおっ…。
まだコレが夢だと信じ込もうとしていた。

「ふんっ、んんっ…」
ヘタレ早漏男は2回目で少しは余裕があるのか、壁に手を突いて背後からの突きあげに懸命に耐える女体にしがみつくと
「じゃ、じゃまなんだよおっ…」
ブレザーを肩から抜いてはだけさせると、シャツを強引に脱がせて手頃な大きさの乳房をムキ出し、揉みくちゃにした。

「ひっ、い、痛い…」
やっ、そ、そこ…、
ハイレグパンティの呪われた若いカラダはヘタレカメラ小僧の粗チンに発情して、お乳の中心のポッチも固く突き出ていた。
イジっちゃあっ、いやあっ…。
感じるその部分を乳房と一緒に揉みくちゃにされて、マユは苦しそうなあえぎ声を漏らしていたが、えっちお初の若々しい女体は倒錯した快感にまみれ、いやらしくよがりもだえていた。

呪いのパンティ (40)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:14:27 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3300-5975da1c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next