FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (118)ある朝、楽園に(6)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (118)ある朝、楽園に(6)

「んっ、出すぞっ」
くっ、出る…。
体育会系ウナギ犬唇美少女にナマ挿入を続けていたオレは、ゾクゾクするようなこみ上げで下半身がしびれるような快感にナカ出しを宣言した。

「うっ…、ああっ…」
おおっ…、出る、出る…。
メイドコスの欲情したカラダに抱きついたオレは、ネチョネチョに濡れたピンクの媚肉の裂け目に、根元までブチ込んだ息子をドクドクさせて白濁液を大量に注入した。
「あ、いっ…、あつっ…」
膣ナカをザーメンで満たされたきたりえはシーツを握り締めた手にギュッと力を入れて、ウナギ犬唇をグッと噛み締めていた。

「あの…」
しばらく放出の快感に浸っていたが、のしかかるオレを遠慮がちの押しのけ、ベッドから降りたきたりえは
「ご主人様、ありがとうございました」
床に転がっていたパンティを拾い上げるとそそくさとニーハイの脚の通し、丁寧に頭を下げた。
「それでは、キレイにさせて、頂きます」
そしてダランとした息子に顔を寄せると、厚ぼったい唇でペロペロし始めた。

「ん…」
おお…、ええど…。
さっきの遠慮がちな舌使いと違って、積極的に舌を使って口全体で息子を愛撫だった。例の唇から差し出した舌が息子をなぞる様子が妙にエロチックだった。
「あの、カラダ、お拭きします…」
息子が半立ちになった頃合いを見計らったように、お口の愛撫をやめたきたりえは、濡れた唇をぬぐうと清拭をはじめた。

「ご主人様、ありがとうございました、失礼致します」
ベッドに寝そべったオレのカラダを拭き終わったきたりえは、やっぱり腰より下に頭を下げて、大きくおじぎすると部屋を出て行った。

次は、誰かな…。
フリルたっぷりの編んだスカートの下をノゾキながら、ミニスカメイドの後ろ姿を見送ったオレは、次に誰が来るか考えてワクワクしていた。
「失礼致します、お食事の準備が出来ました」
しかし誰か具体的な名前が浮かぶ前に次の女の子がやってきた。

お…、あきちゃか…、でも…。
ドアをきちんと閉めてから、こっちに向き直って丁寧にお辞儀したのは研究生から最速で昇格した天然オトボケ娘だった。
「聞いていい?…」
なんで?…、テニスウェア?…。
前の二人と同じようにメイドコスだと思っていたが、純白のテニスウェア着用だったのでちょっと面食らっていた。

「なんでございましょう、ご主人様」
やっぱり聞かないのは逆に悪い気がして声をかけると、ミニエプロンに手を揃えた彼女はニッコリ笑って首をかしげた。

短編 (119)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:41:04 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3295-289cce3d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next