FC2ブログ

== 呪いのパンティ ==

呪いのパンティ (35)その後のマリコ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
呪いのパンティ 目次

呪いのパンティ (35)その後のマリコ

「はっ、はっ、はっ、女王、様っ…」
チワワのように虚弱な体をプルプル震わせるキモヲタが、半ベソの情けない顔で女王様のお恵みを待っていた。

「はあっ…、アンタも、懲りないわね…」
また、コイツか…、
あの一件以来、店を替わっても通い詰めてくるキモヲタを冷たい目で鬱陶しそうに見下ろしたマリコは、
「しょうがないわね、ほら」
もう、ね…、あ、んっ、ああっ…。
テラテラしたビニール素材のスパルタンなブーツの脚線美を淫らに広げると、ヲタの勃起したソレにまたがって、濡れた秘肉で咥え込んだ。

「はううっ、女王様あっ」
ビザールなSM衣装に引き絞られた艶めかしい女体が上下して、ビクビク震えるヲタチンを出し入れする。女王様自らの本番サービスという格別のご褒美に、
「あ、ああっ、あううっ」
天にも昇るような気分で感動するキモヲタは、捨てられたチワワのような情けない目に涙をちょちょぎらせ、忘我の喜びに浸っていた。

「んっ、あ、ああっ…」
は、あ、ああっ…。
キモヲタに騎乗位してムッチリした腰を振るマリコは、汗がにじんだ肉感的な女体を切なげによがらせ、ナマチンを咥え込む悦びで美しい横顔に淫靡で卑猥な色気を漂わせていた。

「は、はうっ…」
肉感的な女体が波打つようにしばらく上下していると、キモヲタは絶頂に達してナカ出しした。
「やっ…、はああっ…」
あ、熱いっ…。
予告無くナカ出しされたマリコは、黒ラバーで引き絞られたカラダを苦しそうによがらせ、妖艶な横顔にウットリした表情を見せ、メスの悦びをにじませていたが、
「このバカチン、またナカに出してっ」
すぐに立ち上がると例のハイレグパンティを装着し、キモヲタを厳しい口調で叱責した。

「ひいいっ、お許しくださいっ」
SM衣装に若干違和感のハイレグパンティを履いて仁王立ちするマリコの、厳しい目ににらみつけられてどMな奴隷気質を昂ぶらせたキモヲタは、さっき射精したばかりの粗チンをまた固くしていた。


学校をやめたマリコは心機一転風俗に就職した。

端正な美女のサディステックで冷たい態度がM系男子を引き寄せた。そして絶大の人気を誇るSMの女王様として、すぐに毎日予約が引きも切らない人気者となった。

通常SM女王様は本番をしないと思われており、また性病予防の観点からもおおっぴらには出来ないが、騎乗位で客にナカ出しさせるサービス(「上からマ○コ」と言われていた)を受けると、その客は必ずリピータとなった。

ナカ出しされた後はすぐにハイレグパンティを履いてすべて吸い取らせたので、ピルを使用する必要も無く、なぜか性病を伝染されることもなかった。

こうして30代半ばまで人気ナンバーワンSM女王として結構な金額を稼いだマリコは、人間以下の扱いを受けても通うのをやめなかった常連客を身の回りに侍らせ、その後の人生を本当の女王様のように暮らした。

女教師マリコ編 終わり

呪いのパンティ (36)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:13:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3282-9379d287
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next