FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (101)雨の夜の女(4)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (101)雨の夜の女(4)

アレだったら、幽霊でもいいな…、
スケベな興奮と酔っぱらった勢いで、忠義は霧雨の街灯の下に立つ女に近寄っていった。

「あの…、濡れますよ」
やっぱ、いい女…。
ハダカ同然のセクシーなカラダに鼻の下を伸ばした忠義は、そばで見てもやっぱり美人にニヤケ面で声をかけた。
「…」
酔っ払いのスケベな視線にさらされた、濡れた服が張り付いてハダカ同然のカラダを隠そうとしない女は、怪訝そうにチラ見したが何も応えない。

「あ…」
まあいいか…、
下着のような白いスリップドレスが張り付いて、地肌さえ透けて見える艶めかしい女体を視姦し、
おおっ、ノーパンだよ…。
股間を膨らませた忠義はパンティラインの見えないお尻のキレイな曲線に興奮していた。
「…」
スケベ顔で笑いながら横に立つ男に、女はまた怪訝そうな一瞥をくれたがすぐに体も向きを元に戻し、やっぱり黙ったままだった。

うっ…、ええのお…、
しかし体の向きを変えるだけのなんでもない仕草にも生々しい色っぽさが漂っていて、忠義はますます興奮した。
すげっ…、
幽霊話なんかとっくに忘れ、酔った勢いで気が大きくなっていた忠義は、女の前に回ってスリップドレスが張り付いた股間を見た。
見えてるよ…
パンティを履いてない股間にはうっすらと茂みが透けていた。

「あの、何ですか…」
忠義のスケベな視線にとうとうガマン出来なくなったのか、女は迷惑そうにつぶやく。雨に濡れた髪が顔に張り付いて、雨の滴のシズル感とともに艶めかしい色気が漂ってる。
「ややっ、風邪引きますよ」
やっと、しゃべってくれたよ…。
酔っぱらったエロボケ気分ですっかり上機嫌の忠義は、明らかな苦情でも会話が成り立ったと喜んで、セクシーバディにいやらしい視線を絡めながら、ニヤニヤしていた。

「どっか、行ってください」
無遠慮なスケベ視線にいよいよご機嫌斜めの濡れ美人は、声の調子にキツサがありありと見えた。
「まあ、そういわずに、濡れますよ」
怒った顔も、いいなあ…。
調子に乗った酔っぱらいは敵意の漂う視線を無視して、大きくあいた胸のクッキリした谷間をのぞき込みながら、カサをさしかけていた。

短編 (102)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:34:22 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3270-ea5a8218
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next